ANGLER PICKS
釣り人のみなさんは、子供と一緒に釣りを楽しんでいますか?私たちはアウトドアから、数え切れない喜びをもらうことができますね。 子供も同じ。幼いころから自然と触れ合うことは、成長にいい影響を与えるのです。ここでは「アウトドアと子供」の関係についてお話します。 「刺身が泳いでいる」と信じている子供たち 「魚は刺身の姿で泳いでいる」「鶏肉は工場で造られている」。嘘のような話ですが、そんな誤った認識している子供たちが、増加しています。 これにはデジタル化の普及により、食べ物の成り立ちや、食への関心が薄まってきている背景があります。 言うまでもなく、子供達は遊ぶことが大好きです。自らの体を動かし遊ぶことによって、様々な気付きや、体験を得ることができます。 現代の子供たちも、遊びが好きであることには変わりませんが、「遊び方」が変化していきました。「公園に集まって、ゲームに熱中する」そんな光景も、以前に比べれば目立つようになったと感じませんか? アウトドア体験が少ない子供たち 「一人で、かつ、室内でできる遊び」が充実している近頃。人と触れ合おうとしなかったり、口数が少なかったり…そんな子供たちが増えています。 ある調査によると、「日の出・日の入りを見たことがない子ども」が4割、「昆虫を捕まえたことがない子ども」が3割を超えるなど、子供たちのアウトドア体験の不足を窺い知ることができます。 自然と向き合うということ テレビやゲームは、手軽に子供たちの退屈を満たしてくれるかもしれません。しかし、VR(ヴァーチャルリアリティ)や、グラフィック技術がどれだけ進化しても「リアルな体験」に勝ることはないでしょう。 命あるものを相手にすることにより、そこに潜む尊さを初めて実感することができるのです。 アウトドアは豊かな心を育む 美しいものを、美しいと感じる」豊かな感受性は、命あるもの、かたちあるものと関わることで初めて育まれます。幼いころに連れて行ってもらった景色、楽しかった体験はいつまでも記憶に残り、その時はわからなくとも、大人になった時、じんわりと心の中にこみ上げてきます。 子供を釣りに連れて行くべき5つの理由 釣りは「考える・実行する・振り返る・改善する」といった、大人になってからも、役に立つ要素がたくさん詰まっている遊びです。子供を釣りに連れていくべき5つの理由をまとめてみました。 1.命の尊さを学ぶことができる 私たちは生き物とふれあい、その命の尊さを感じることができます。「魚を釣って、食べる」そんな体験をしていると、食べ物に対する考え方に、いい影響をあたえてくれます。 リリースをする場合にも、優しく扱わなければ魚は弱ってしまい、最悪の場合、命を落としてしまいます。「生き物と触れ合うということは、どんなことか?」そんなリアルな体験をすることができるのです。 2.自然を大切にする考えが身に付く 水辺に立つと、無造作に捨てられたゴミが多いことに気付きます。(悲しいことに、それらが釣り人の残したゴミであることも多い)放置されたラインくずが、水辺に住む生物の、自由を奪ってしまうことがあるのです。 「ゴミはゴミ箱に」そんな当たり前の行動も、大人が良き見本となることで、環境に対する意識が芽生えるのではないでしょうか。 3.自然の美しさを体感できる 幼少のころにアウトドアで経験したことが、子供の感受性に大きく影響を及ぼします。ともに見た景色や風景は、いつまでも記憶の中に刻まれることでしょう。 登りゆく朝日を一緒に見ることができるのも、釣り人の特権ではないかと思います。 4.粘り強い心を育むことができる 釣りは生き物が相手の遊び。思い通りにならないことの方が圧倒的に多いのです。魚からのリアクションがなくても、工夫することで最後には報われることがあります。 釣りという楽しみを通し、粘り強く、そして辛抱強い人間へと成長してくれます。 5.一つの物事に対して、一緒に取り組むことができる 親子として、これほど喜ばしいことはありません。ともに同じ目標に向かうことで、協調性や思いやりの心を育むことができます。 釣り場に連れて行ってもらったこと、一緒に喜んだ記憶などは、大人になっても覚えているもの。親子で、素敵な思い出を共有しましょう。 子供と一緒に成長できるのが「釣り」 親としては「何としてでも、子供に釣らせてあげたい」そんな想いを抱くものです。人に教えることが何よりの勉強になる、と言われる通り、自分自身が成長することにも繋がります。 何事にも真剣に挑んでいる姿が、子供の記憶にしっかりと刻まれることでしょう。
あの東海釣具店シェアNO.1の"イシグロ"さんがロッドメイキング&リペアで アングラーズマーケットへ参戦してくれます。 スタッフも早速ロッドを持参する予定しています!!!!!! 初出展させていただきます!!!! ロッドメイキング&リペアのプロ集団『 Team Tackle Off 』で参戦!! オリジナルメイキングロッド・カスタムロッドの展示 メイキング・リペア・カスタムのご相談承ります。 ◆ガイドを交換すればまだまだ使える!! ◆グリップまわりをカスタムして人と違ったロッドを使いたい!!! ◆お持ちのグリップに合わせたオリジナルのロッドを作りたい!! 当日、会場でえぐり見つけたロッドのリペア・カスタム大歓迎です♪♪ ロッドメイキング&リペアのプロ集団『 Team Tackle Off 』 に、お気軽にご相談ください。 ガイド交換♪ お安いご用です! TOPガイド交換♪ 楽勝です! グリップカスタム♪ 得意です!!  ↓↓↓EGテムジンのグリップカスタム例です★ グリップカスタム♪ 誰ともかぶらない!1本になります!!  ↓↓↓EGタクティクスのカスタム例です★ 完全オリジナルのメイキングロッドの製作も可能です♪♪ ご自身でロッドメイキング・カスタム・リペアに挑戦されたいお客様も大歓迎です(^O^)/ 当日は『 Team Tackle Off 』を率いるマイスター★SONE によるメイキングデモ&体験&相談対応も行います。 こちらもお気軽にのぞいてあげて下さい(^^♪
ハイ!!!! アンマケスタッフは独身族がかなり多いので 本気で応募しようとスタッフで考えております!!!!! 大自然の中で遊びながら婚活できるイベント「きほく釣りコン」の第10回目が、2018年3月24日(土)に開催されます。 同イベントは、三重県の自然豊かな町「紀北町(きほくちょう)」を舞台に、海で釣りをしたり、山で遊んだり、さらに美味しい食事まで楽しめます。 今回は第10回目。既に5組の入籍カップルが誕生しており、高い実績を誇っています。 また、前回は13組中4組、前々回は16組中6組のカップルが誕生するなど、高確率でカップルが誕生しているのも見逃せない。 第10回目の概要は以下の通り。 <開催日時> 2018年3月24日(土)9:00~16:00 <会場> 海上釣り堀・貞丸 キャンプinn海山 <集合場所> 三重県紀北町引本浦616-49(海上釣り堀・貞丸) <参加条件> 20歳~40歳代までの独身男女 <参加費> 男性9,800円、女性3,800円 <申し込み方法> ①電話 080-5106-0900 ②LINE 友達追加から→「@rog4166c」をID検索→「きほく釣りコン」登録→【重要】一度メッセージかスタンプを送って頂いて登録が完了します。 ③メール take.824@docomo.ne.jp <協賛> ヴィラフェリス オルヴィエート 季の座ウェディング <協力> BLESS BALI 川原製茶 <後援> 紀北町 伊勢新聞社 紀勢新聞社 中日新聞社 南海日日新聞社
アングラーズマーケットの楽しみ方へを 凄く簡潔に分かり易く初心者への導きをされてました!!! 面白い記事でしたので 使わせていただきます!!!! 「釣り」ってやったことありますか? 例えば海なら、磯で釣ったり船で沖へ出たり、浜辺から投げ釣りをしてみたり。他に川や湖であれば「ルアーフィッシング」や「フライフィッシング」など、釣る場所や魚によって様々な仕掛けがあり、その多彩さや奥深さが釣りの魅力だ! 釣りはお金がかかる 竿や糸、リールや仕掛けなど、釣りを始めるにはそろえなければいけない物が多い。 上にも書いたとおり、釣る場所や狙う魚によって仕掛けを換えなけれればならない。 さらに海や山へ行くのには時間もお金もかかるため、若者たちには手が出しにくい趣味かもしれない。 でももし・・・ 「釣りグッズが安く買えたら?」 「周りに釣り仲間がいたら・・・?」 「何を買ったらいいか教えてくれる人がいたら?」 今回は『これから“釣り”を始めてみたい!』という人や、『釣りは好きだけど釣具にはお金がかけられないよ~』という人にオススメのイベントをご紹介しよう! それが「アングラーズマーケット」だ! どんなイベントなの? 2018年4月1日(日)に吹上ホールで開催される「アングラーズマーケット2018」とはいったいどんなイベントなのだろうか?ざっくり言うと 「釣具・アウトドアグッズ専門のフリーマーケット」 ということで、 ここからはこれから釣りを始めようと思っている人に アングラーズマーケットの楽しみ方を解説しよう! ①いいものが安く買える!その価格も交渉次第 「買ったはいいが、1回しか使ってないんだよね~」 愛好家たちが、所せましと釣具を並べる。ここで注目したいのは、店を出している人も“釣り愛好家”だということ。きっと「自分が初心者である」ことをきちんと伝えれば優しく対応してくれるに違いない!予算内でセットをコーディネートしてもらおう! 交渉のコツは「これとこれセットで買うんで安くして!」 ②釣り仲間が見つかるかも?! 釣りは1人で行くのも楽しいのだが、みんなでワイワイ行くのが1番楽しい! 釣り始めたての人にありがちなのが『一緒に行く人がいない』という問題。最初のうちは1人で行くのだが、だんだんと寂しくなって、最後は釣りに行かなくなってしまう・・・。 釣りを続けていくためには「釣り仲間」が必要不可欠なのだ! そんな釣り仲間が見つかるのもアングラーズマーケットの魅力!来ている人は全員釣り好きなので、積極的に話しかけていこう! まとめ 今回は初心者向けの書き方だったが、もちろんベテランアングラーも楽しめる内容となっている!ほかにもメーカーやショップのアウトレット品や在庫処分品が並ぶコーナーもあるので「中古はちょっと・・・」という人にはオススメです。 「アングラーズマーケット」は釣り人による、釣り人のためのイベント。 今年の春から、君も釣り人デビューだ!
琵琶湖に生息するブラックバスの皮を使った高級革小物を、兵庫県の皮革メーカーが開発した。独自の加工法で、特有のでこぼこした手触りや光沢のある質感を生かした。米国の展示会で披露した。北米原産の外来魚が革製品に生まれ変わり、「祖国」でデビューする。  馬の革製品を手掛けるコードバン(兵庫県姫路市)。社長の新田芳希さん(46)がバス釣りを趣味にしていることから、革製品への活用を思いついた。琵琶湖の沿岸各地にある漁業協同組合に連絡し、ブラックバスの皮の調達を働き掛けたところ、沖島漁協(滋賀県近江八幡市)が快諾。漁で取れたバスの皮を冷凍保存し、供給してくれることになった。  バスの皮からうろこを剝がした後、試行錯誤を繰り返して配合した薬品で臭いと油分を取り除く。丹念になめして乾燥させ、塗装でつやを出すと完成する。全工程に2週間かかる。  ラテン語で魚を意味する「PISCINE(ピサイン)」のブランド名で昨春から注文販売を始めた。名刺入れや財布などをそろえるほか、近畿大の養殖マグロの皮を使った革小物もある。ワニやヘビなどの動物皮革は模様や触感が独特なことから「エキゾチックレザー」と呼ばれるが、バスの革小物はさらに珍しいため、バス釣り愛好者らの人気を集めた。  手応えを得た同社は、長財布やカードケースなど新作7点を考案し、米国で9日に始まったビンテージファッションの見本市に初めて出品した。今春にはJR大阪駅近くの商業施設「イーマ」(大阪市)にある直営店で店頭販売も始める。  新田社長は「琵琶湖は全国のバス釣りファンの聖地。琵琶湖産ブラックバスの魅力をPRし、エキゾチックレザーの定番に仲間入りさせたい」と夢を語る。
年間を通じて美しい景観と自然を満喫でき、全国的に人気のアウトドアスポットである榛名湖(群馬県高崎市)。その榛名湖が全面結氷し、2018年1月30日午前6時半より氷上ワカサギ釣りが解禁となった。 【写真を見る】全面結氷し、7年ぶりに氷上ワカサギ釣りが解禁となった榛名湖 強い寒気と冬型気圧八の影響で、2011年以降、7年ぶりに解禁となり全国的に話題となっている。現在、氷の厚さは最大25センチほどだ。 そこで、氷上ワカサギ釣りの魅力を探るべく、「Cafe & Fishing 水月」を運営し、漁業組合長として活躍されている野口正博さんに話を伺った。「ワカサギ釣りは、早朝がおすすめ。朝活発に動くため、早朝から仕掛けるのがいい」と野口さん。 氷上ワカサギ釣りは、午前6時半から午後16時まで行うことができ、野口さんの運営する「Cafe & Fishing 水月」では、初心者でも氷上ワカサギ釣りを楽しめるように、お手頃な道具のセットがレンタルできる。 また、利用客には、よく釣れるスポットを案内してくれ、氷の穴の開けかた、餌の付けかたから仕掛けの方法まで丁寧に教えてくれるのも嬉しい特典だ。 「ワカサギ釣りはテントを立ててやるほうがいいよ。風で身体が冷えると、手がかじかんで餌の付替えが難しくなる」と野口さん。 ワカサギ釣りは、頻繁に餌を付替えることがよく釣れるポイントだそうだ。実際、テントを立てて体験すると、寒さをしのげ、快適に氷上ワカサギ釣りを楽しむことができた。 また、榛名湖は群馬県内でも水質が良い。「ここのワカサギを食べたら他のは食べられないよ」と多くの釣り人達が口を揃えて教えてくれた。 ワカサギは、湖に生息する冷水性の硬骨魚で全長は約15cmほどだ。榛名湖のワカサギ釣りは、9月から二年魚を釣るボート釣りが始まり、12月で終了。湖が凍ると、1月から2月下旬まで一年魚を釣る氷上ワカサギ釣りができるそうだ。 今年は、2月25日まで氷上ワカサギ釣りを行なう予定だという(天候によって期間は変動)。そして、春になると本格的にバス釣りのシーズンとなり、年間を通じて釣りを楽しむことができる。 夏は「榛名湖上花火大会」冬は「榛名湖イルミネーションフェスタ」など四季を通じて、様々なイベントも行われている榛名湖。この時期しか味わうことのできない氷上ワカサギ釣りも榛名湖を代表する風物詩である。ぜひ、壮大な大自然の中でワカサギ釣りを体験してみてはいかがだろうか。

アングラーズマーケット

アングラーズマーケットとは

"アングラーズマーケット"は、一般の釣り愛好家が、
使わなくなった釣具・アウトドア用品をフリーマーケット形式で出店し、
釣り人同士が積極的に交流を深められるイベントです。

フリーマーケットを通した釣り人同士の交流の場

自宅に眠っているルアーがお宝に代わるチャンス

宝探し感覚で掘り出し物を探すワクワク感を提供

メーカー・ショップにとっては在庫処分の機会

個人ルアービルダーなどが作品・商品を見てもらう場所

リユースの精神を広め地球・自然に優しいことを考える

開催概要開催概要
チケット情報
出店申込み
よくある質問
アクセス
メニュー

アングラーズサミット

毎月第1・第3日曜日、早朝6:00〜6:30

"釣り"をキーワードに、業界で頑張るキーマンをお迎えしマル秘な裏話を井戸端会議的に伺います。メインパーソナリティはKatsuu(Megabass)、アシスタントは梅本まどか(元SKE48)が努めます。不定期で釣り大会も開催しています。

ブログ

BLOG

イベントの開催告知やその裏側はもちろん、CREWの日々の釣行日記などを、時に面白おかしく、時に熱くまじめに綴っています。

ショッピング

ショッピング

アングラーズサミットだから手に入る限定アイテムやコラボアイテムなどを販売しています。僕ら自身が使いたい! 持ちたい! そんなアイテムだけを厳選して販売しています。

SQUAD

釣人市場

釣人市場

ANGLERS MARKET
釣りとアウトドアのフリーマーケット「アングラーズマーケット」、釣り人による釣り人のためのラジオ番組&ときどき琵琶湖で釣り大会「アングラーズサミット」を主催する、プロでもメーカーでもない、自然を愛するどこにでもいるごく普通の釣り人。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
ONI

ONI

SQUARE
名古屋、いやSTREETを代表する最狂ブランド『SQUARE』率いる釣り馬鹿サオ師 a.k.a.ONI隊長。愛艇はZ21。ゴルフはプロレベルで、麻雀&競馬&パチンコ・・・生粋のギャンブラー。音楽&格闘技イベントの先駆者でもあり、アンマケCREWを牽引。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
金森康浩

金森康浩

編集王
名古屋で一番たくさん雑誌を作って一番売った男。雑誌制作で培った“伝える力”を活かし、クリエイティブの総合商社として、街づくりや自治体、企業の発信などを、紙、WEB、映像問わず、結果に直結したディレクション&プロデュースを行う。
  • facebook
  • Instagram
永野 弘

永野 弘

怪獣ハンター
「琵琶湖のモンスターハンター」、「北の交渉人」などの異名をとる、春日井在住の強面アングラー。常にデカバスだけを追い求める、ノーバイト上等の修行とも呼べるストロングスタイルで、時間さえあれば、湖北に繰り出す怪獣狩り中毒者。
  • Instagram
Katsuu

Katsuu

Megabass
Megabassプロスタッフ。ROCKバンドやラジオのパーソナリティ(アンサミも)、そしてブランドとSHOPなどもこなす超人型釣うまイケメン!! MOSH&FISHに追われる多忙な日々でも釣果を残すが… 釣りビジョンや雑誌取材では不調なのが悩み。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
TAKASHI

TAKASHI

ご意見番
幼少の頃よりサポートを受け、数々のバス釣り大会にも出場。ルアーショップのスタッフの経験、そしてパンクロックイベントの主催や元レコードショップオーナーという異色の顔を持ち、個性の強すぎるアングラーズマーケットCREWのご意見番として君臨。
  • Instagram
伊藤康道

伊藤康道

和尚さんアングラー
室町時代から続く由緒正しき某お寺の32代目。京都の大学に行ったのがキッカケで、バス釣りの魅力にさらにハマり、仏教界では数少ないアングラーとして、デカバスを求めて琵琶湖上に立つ。また、カブトムシやクワガタ捕獲の名人でもある。
  • facebook
  • Instagram
カワキーター

カワキーター

dragonace
琵琶湖に毎週末通うカワキーターことガイド名『Dragon Ace』。愛艇はもちろんスキーター。琵琶湖歴28年ボート歴12年。パワーポールを増やし、さらに目立つようになったのがプチ悩み。駐艇を嫌いボートを引っ張るアメリカンスタルにこだわる漢。
  • facebook
  • Instagram
RYUTA

RYUTA

STRONG STYLE
日本を代表するPUNK ROCKバンド『STRONG STYLE』のDrums。
バンド活動と並行して、バス釣りにも勢力的に取り組みヒマさえあれば琵琶湖 南湖へ出撃。彼が起こす天変地異は吉田現象とも称される。CREW NO.1の大食漢でもある。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
2G

2G

シーバスハンター
某釣具店には2Gモデルやカラーなどが推薦される。ルアー選択、レンジコントロール、コース取りを的確に行いキーパーサイズを年間250本以上を釣り上げる。オカッパリ、ウェーディングが主体。今宵もさらなるBIGシーバスを求めて名港を釣り歩く。
  • Instagram
  • BLOG
村上智哉

村上智哉

カメラマン
アングラーズマーケット専属カメラマン。幼い頃、バス釣りに出会ったことで、自然やアウトドアに魅了される。現在はトップウォーターの釣りに目覚め、釣果よりもプロセスを重視。所有するカヌーで釣りやキャンプを楽しみながら撮影を行っている。
  • facebook
  • Instagram
より和田

より和田

美漁師
生粋のお魚好きとして、バス釣りやジギング、名港ソルトゲーム、名古屋近郊のナマズや雷魚など、ルアーで釣れる魚は何でも狙う名古屋在住の美漁師(美容師+漁師)。三重県のごく普通の河川で、64cm(5700g)のバスを釣ったことが自慢。
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
深沢アキラ

深沢アキラ

芸人
某有名芸能事務所をクビになりフリーで活動する名古屋芸人。下ネタを得意とし体を張る芸で数多くのTVやLIVEに出演。芸人アングラーNo.1を目指し東濃野池を中心にほぼ毎日釣り歩く。最近はライブを行うより、釣りに行く回数が多くなっている。
  • twitter
  • Instagram
徳永海人

徳永海人

ANGLERS MARKET
幼少期より父親の厳しい英才教育を受け、釣りにライフスタイルのすべてを捧げる平成生まれの将来有望な、若いのにちゃんと空気の読める釣り師。五三川などの陸っぱりをメインに、得意のフロッグを駆使しながら、独自のスタイルを確立している。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
仙石快

仙石快

五三アングラー
東海屈指のメジャーフィールド(タフフィールド!?)五三川で育った若手アンマケCREW。釣り場から近い高校に進学…釣り場から近い会社に就職と…人生をバス釣りに捧げてきた釣り馬鹿。学生の頃はルアーを拾うために五三川へ足を運んでいた(笑)
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
大村拓真

大村拓真

ANGLERS MARKET
名古屋の誰もが羨む高台の一等地に住むブルジョワアングラー。琵琶湖でのボートフィッシングをメインにしながらも、船舶免許の取得に4回も失敗するという(爆笑)なかなかの強者。スワンプクローラーのネコリグが彼の必殺のSPECIALメソッド♪
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
さゆくま

さゆくま

crazy釣りガール
その見た目とは裏腹に(!?)、飲食店やカフェで磨いた料理のスキルを活かした“食える系専門の釣りガール”。名古屋港や三河湾で、穴釣りメインにCATCH & EAT! いつかはアオリイカ…をテーマにロッドを振り続ける。実は魚と同じぐらい猫が好き♥
  • facebook
  • Instagram

SPECIAL

小川健太郎

小川健太郎

TULALA
  • WEB
白川総裁

白川総裁

DRT
  • WEB
原田幸也

原田幸也

JFLCC
  • WEB
冨本タケル

冨本タケル

琵琶湖PROガイド
  • WEB
高井主馬

高井主馬

Rattytwister
  • WEB
小崎圭一朗

小崎圭一朗

deps
  • WEB
八木厚昌

八木厚昌

ペットショップ Remix
  • WEB
TAKA

TAKA

lure angle HAMA店長
  • WEB
Y’S

Y’S

ysm23
  • WEB
疋田星奈

疋田星奈

Megabass
  • WEB
B U

B U

バサーズユナイテッド
  • WEB
高橋正樹

高橋正樹

トルシープガレージ
  • WEB
萩原香

萩原香

ハヤブサLADY
  • WEB
雑男

雑男

レッドヘッド
  • WEB
梅本まどか

梅本まどか

タレント
  • WEB
水谷明良

水谷明良

BOZLES
  • WEB
DWS

DWS

ディケイドワークス
  • WEB
安藤 吉彦

安藤 吉彦

A.H.P.L.
  • WEB
まーも

まーも

加木屋守
  • WEB