ANGLER PICKS
サクラマスファンには朗報となる稚魚放流について、県は2019年春以降にこれまでの年間1万匹から4万匹に約4倍もの稚魚を増やす方針を明らかにした。九頭竜川は「サクラマス釣りの聖地」として全国の釣りファンに知られており、稚魚数を大幅に増やすことでさらに流域振興につなげたい考え。 県水産課によると、サクラマスの稚魚放流は九頭竜川中部漁協が取り組み、県が補助している。毎年4月と11月に5千匹ずつ計1万匹を放流している。九頭竜川は遡上(そじょう)数が多いために人気があり、昨シーズンは全国から約8千人が訪れたという。 19年春から稚魚数の4倍増を目指し、国と県、勝山市の補助で同市内に勝山淡水漁業生産組合が整備し、今夏ごろ完成する種苗生産施設を活用する。  九頭竜川の環境整備にも力を入れる。県内水面総合センター(福井市中ノ郷町)が考案し、全国で初めて天然サクラマスの産卵が確認された人工床(しょう)の設置や、簡易魚道の整備で資源を増やしていく。  また西川一誠知事は、天然サクラマスの飼育と展示を兼ねた大型水槽を県内水面総合センターに整備し、良質な卵が安定的に採取できる研究を新年度から始めることを説明した。「来館者が稚魚と親魚を観察しながら、生態の勉強ができるようにしたい」と述べた。清水議員に対する答弁。  大型水槽は幅4メートル、奥行き2メートル、高さ2メートルで今夏ごろ完成する。九頭竜川の天然サクラマスを20匹程度飼育する予定。 
au(KDDI)から、タフネスケータイの新モデル「TORQUE X01」(京セラ製)が発売される。 米国国防総省の調達基準に準拠した防水・防塵をはじめとする、18項目の過酷な環境試験をクリアしたモデル。高さ1.8mからの鉄板、またはコンクリートへの落下試験をクリアした耐久性も備えた。auのタフネスケータイとして、約6年ぶりとなる新モデルだ。 機能面では、天気や気圧、温度など、アウトドアで活躍する8種の情報をいつでも確認できる「OUTDOOR PORTAL」、気温や高度、気圧などを定刻で読み上げ、アウトドア活動をサポートする「読み上げ通知機能」、知らないうちに圏外になってしまうことを防ぐ「圏内・圏外通知機能」などを搭載する。 本体は折りたたみタイプで、グローブをしていても押しやすい、大きく凸量のあるハードキーを装備。主な仕様は、ディスプレイが約3.4型FWVGA液晶(854×480ドット)、CPUがクアッドコア「MSM8909」、メモリーが1GB。内蔵ストレージが8GB、外部記録媒体は最大32GBのmicroSDHCメモリーカードをサポート。メインカメラは約1300万画素だ。 通信は4G LTEに対応。IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN規格もサポートする。おサイフケータイ、VoLTE、ワンセグ、Bluetooth 4.1、赤外線通信などの機能も備えた。 バッテリー容量は1500mAhで、連続通話時間が約540分、連続待受時間が約480時間。本体サイズは54(幅)×118(高さ)×23.3mm(奥行)mm(突起部除く)、重量は約182g。ボディカラーは、シルバー、レッドを用意する。
鮎という魚は年魚である。 年魚というのは、1年間でその一生を終える。 季節の移り変わりに合わせ、魚体も成長し、体色も変化していく。 その時々によって変化するその様は、まさに命の証。 そんな儚くも逞しい鮎の一生を季節に応じた表情で表現したのが「鮎の一生シリーズ」。 ジョインテッドクロー178 「鮎の一生」シリーズがついに始動! 第1弾「氷魚」販売開始!! 年魚である「鮎」の刻々と変化する成長を、ジョインテッドクローのカラーで表現した「鮎の一生」シリーズ。 2017年2月を皮切りに、2カ月毎に1種類、全5色のジョインテッドクロー178が発売されます! 第一弾:氷魚(2017年2月発売) 第二弾:稚鮎(2017年4月発売) 第三弾:雨若鮎(2017年6月発売) 第四弾:追い鮎(2017年8月発売) 第五弾:錆び鮎(2017年10月発売) ※第3弾の「雨若鮎」のみGAN CRAFT WEB SHOPでの販売 全5種類をコンプリートし、各パッケージに入っている応募用ステッカーをハガキに貼ってご応募頂きますと、もれなくシークレットカラーのジョインテッドクロー178をプレゼント!
「琵琶湖にはブラックバスのワールドレコード(世界最大の認定を受けた個体)がいると言われているんです。何とかそれを仕留めたくてね」 俳優・反町隆史さん(43)のバス釣りの腕前はプロ級だ。キャリアは30年以上を誇り、仕事がオフになると仲間とキャンプを張って「いつか世界最大の個体を釣り上げたい」という夢を持ちながら格闘する。小学生の時から興じてきた釣りの醍醐味は、視界で捉えることができない魚の動きを予想すること。入念に準備をして釣り場に向かう姿勢は、俳優・反町が演技の現場に臨む姿とも重なった。 岸からバス釣り専用のボートを走らせる。空を見上げると快晴。気温や風の強さも予想していたものと大きな差はない。申し分のない環境のもと、狙いを定めたポイントへと進む。ルアーを投げ入れ、ブラックバスが獲物と認識するように小刻みに動かす。 「グン!」とロッド(竿)が曲がる。ヒットした。素早くロッドを動かす。手応えからは相当な大きさだ。激しく動くバスの重さを存分に感じながら、リールを巻き上げる。「もらった!」。そう思った瞬間、急になくなる手応え。思わず天を仰いだ。 「釣りって面白いもので、逃した魚のほうが心に残っているんですよね。どれだけ大きかったんだろう。ひょっとしたらギネス級だったのかも、とか考える。そこにはとても大きな夢が広がっているんですよ」 初体験の友人を連れて行く時もある。しかし、その友人がいきなり釣れてしまうとそれっきり。釣れなかった方が「今度こそ」とハマる場合が多いという。 反町自身もそうだった。初めてバス釣りに触れたのは小学校高学年の時。友人が持っていた道具一式を見て、興味本位で始めた。 「ところが全然釣れないんです。バス釣りってほとんどマグレがないと言われているので、全く知識のない小学生がやみくもに釣っても無理だったんですけどね」 一緒に始めた友達も一人去り、二人去り、中学生になった頃には竿を持って近くの川に行くのは、反町ともう一人の友人だけになっていた。 「もうやめる?と話したこともありました。でも、彼が“とりあえず一回釣れるまでやろうよ、それから考えよう”と言ったんです」 「きょう、暇?」「行く?」「行こっか」そんな会話を何度も繰り返した。でも、いつも帰りは手ぶらだった。 奇跡は中学の卒業式直後に起きた。「信じられないんですけど、2人とも同じ日に釣り上げたんです。今も覚えています。3月21日でした」。日付を鮮明に覚えているほどの感動。初めてバス釣りの道具を手に取ってから、5年がたっていた。 悲願はかなったが、やめるなんて考えられなかった。釣り上げた時のしびれるような手応えが体に残っていた。もっと釣りたい、もっとうまくなりたい。中学卒業後にモデルとして活躍し始めたときに、忙しくて釣りから離れたこともあったが、あの感触を忘れたことはなかった。俳優として初めてもらった給料で買ったのは、赤いラメ入りのバスボート。高性能なら中古でも数百万円する。デビューしたばかりの俳優にしては思い切った買い物だった。 今では、トーナメントに出場すると常に上位に顔を出すほどの腕前。仕事がオフになると、釣り仲間と主戦場の琵琶湖で最低3日はキャンプを張る。 「琵琶湖にはブラックバスのワールドレコード(世界最大の認定を受けた個体)がいると言われているんです。何とかそれを仕留めたくてね」 2009年、琵琶湖で77年ぶりに世界記録を更新するブラックバスが釣り上げられた。体長73センチ、重さ10キロを超える巨大バス。「釣り上げたのが僕の知り合いなんです。もう悔しくて悔しくて」と苦笑いした。 なぜ、そこまで釣りに夢中になるのか。「見えないものを求める楽しさですね」と即答する。 「スポーツでも芸術でも、だいたいのものは目に見えるものを対象にしていますよね。でも、水の中の魚はどこをどう泳いでいるのか分からない。それを天気や気温などの外部環境から魚の居場所を想像する。ポイントを決めたらルアーを投げて、魚がかかる瞬間に集中する。時には見当違いの時もある。でも、そんな過程がとてもスリリングなんです」 反町が語る釣りの魅力は、まるで俳優の仕事について語っているようにも聞こえた。現場に入る前に役作りという準備を入念に行い、経験や体力を総動員して、集中力を高めて本番に臨む。ただ、自信を持って演技をしていても、それが本当に正解なのかどうかは視聴者や観客の目に届くまでは分からない。 公開中の映画「相棒―劇場版4―」のラストシーンがお気に入りだ。セリフはほとんどなく、主演の水谷豊と余韻にこだわった。43歳という年齢だからこそにじみ出た情感。釣りのテーマも「昔と違って量より質。いかに釣るか」。釣り人としては最も充実した年齢。近い将来、竿の先にワールドレコードがかかる瞬間を夢見ている。 ≪2人の愛娘にも「非日常」体験≫バス釣りキャンプにはできるだけ中学生と小学生の娘も連れていくようにしている。「近くにビルも店もない自然は非日常的で、2人とも楽しんでくれています」と意図を説明。肌で感じてほしいのは、趣味を通じて知り合った気の合う仲間たちとの人間関係だ。「お金を持っているとか、地位があるとか、全く関係のない環境があるというのは僕の人生でとても大事。娘たちもそんな人生を歩んでほしいですね」と笑顔で話した。
アメリカ、インディアナ州北部にあるワワシー湖に穴釣りにやってきた男性たちは、氷漬けになっている魚を発見。 よく見るとなにやら奇妙な感じである。そこで氷に穴をあけて取り出してみることに。 するとどうだろう・・・そこには志半ばにして凍ってしまったパイクと頭をかじられた状態にバスが! つまり捕食しているその瞬間に凍ってしまったというわけだ。
いよいよ明日になりました『THE KEEP CAST 2017』。 この釣りの祭典の魅力は、やはり・・・「限定品が買える!」ということ。 ただし、出展メーカーが多く続々と新しいネタがアップされるため、情報が一元化されておらず、当日どうやってブースを回るのか戦略が立てづらかったです・・・。 だれか、[まとめ]をやってくれないかな・・・と勝手に懇願していたら、 「ルアーニュースR様」がやってくれました!!! まさにズバリです! ↓↓↓ 【17日10時更新版】キープキャスト2017-すべての出展社の限定販売品を追ってみました【超大ボリュームまとめ】

アングラーズマーケット

アングラーズマーケットとは

"アングラーズマーケット"は、一般の釣り愛好家が、
使わなくなった釣具・アウトドア用品をフリーマーケット形式で出店し、
釣り人同士が積極的に交流を深められるイベントです。

フリーマーケットを通した釣り人同士の交流の場

自宅に眠っているルアーがお宝に代わるチャンス

宝探し感覚で掘り出し物を探すワクワク感を提供

メーカー・ショップにとっては在庫処分の機会

個人ルアービルダーなどが作品・商品を見てもらう場所

リユースの精神を広め地球・自然に優しいことを考える

開催概要開催概要
チケット情報
出店申込み
よくある質問
アクセス
メニュー

アングラーズサミット

毎月第1・第3日曜日、早朝6:00〜6:30

"釣り"をキーワードに、業界で頑張るキーマンをお迎えしマル秘な裏話を井戸端会議的に伺います。メインパーソナリティはKatsuu(Megabass)、アシスタントは梅本まどか(元SKE48)が努めます。不定期で釣り大会も開催しています。

ブログ

BLOG

イベントの開催告知やその裏側はもちろん、CREWの日々の釣行日記などを、時に面白おかしく、時に熱くまじめに綴っています。

ショッピング

ショッピング

アングラーズサミットだから手に入る限定アイテムやコラボアイテムなどを販売しています。僕ら自身が使いたい! 持ちたい! そんなアイテムだけを厳選して販売しています。

SQUAD

釣人市場

釣人市場

ANGLERS MARKET
釣りとアウトドアのフリーマーケット「アングラーズマーケット」、釣り人による釣り人のためのラジオ番組&ときどき琵琶湖で釣り大会「アングラーズサミット」を主催する、プロでもメーカーでもない、自然を愛するどこにでもいるごく普通の釣り人。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
ONI

ONI

SQUARE
名古屋、いやSTREETを代表する最狂ブランド『SQUARE』率いる釣り馬鹿サオ師 a.k.a.ONI隊長。愛艇はZ21。ゴルフはプロレベルで、麻雀&競馬&パチンコ・・・生粋のギャンブラー。音楽&格闘技イベントの先駆者でもあり、アンマケCREWを牽引。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
金森康浩

金森康浩

編集王
名古屋で一番たくさん雑誌を作って一番売った男。雑誌制作で培った“伝える力”を活かし、クリエイティブの総合商社として、街づくりや自治体、企業の発信などを、紙、WEB、映像問わず、結果に直結したディレクション&プロデュースを行う。
  • facebook
  • Instagram
永野 弘

永野 弘

怪獣ハンター
「琵琶湖のモンスターハンター」、「北の交渉人」などの異名をとる、春日井在住の強面アングラー。常にデカバスだけを追い求める、ノーバイト上等の修行とも呼べるストロングスタイルで、時間さえあれば、湖北に繰り出す怪獣狩り中毒者。
  • Instagram
Katsuu

Katsuu

Megabass
Megabassプロスタッフ。ROCKバンドやラジオのパーソナリティ(アンサミも)、そしてブランドとSHOPなどもこなす超人型釣うまイケメン!! MOSH&FISHに追われる多忙な日々でも釣果を残すが… 釣りビジョンや雑誌取材では不調なのが悩み。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
TAKASHI

TAKASHI

ご意見番
幼少の頃よりサポートを受け、数々のバス釣り大会にも出場。ルアーショップのスタッフの経験、そしてパンクロックイベントの主催や元レコードショップオーナーという異色の顔を持ち、個性の強すぎるアングラーズマーケットCREWのご意見番として君臨。
  • Instagram
伊藤康道

伊藤康道

和尚さんアングラー
室町時代から続く由緒正しき某お寺の32代目。京都の大学に行ったのがキッカケで、バス釣りの魅力にさらにハマり、仏教界では数少ないアングラーとして、デカバスを求めて琵琶湖上に立つ。また、カブトムシやクワガタ捕獲の名人でもある。
  • facebook
  • Instagram
カワキーター

カワキーター

dragonace
琵琶湖に毎週末通うカワキーターことガイド名『Dragon Ace』。愛艇はもちろんスキーター。琵琶湖歴28年ボート歴12年。パワーポールを増やし、さらに目立つようになったのがプチ悩み。駐艇を嫌いボートを引っ張るアメリカンスタルにこだわる漢。
  • facebook
  • Instagram
RYUTA

RYUTA

STRONG STYLE
日本を代表するPUNK ROCKバンド『STRONG STYLE』のDrums。
バンド活動と並行して、バス釣りにも勢力的に取り組みヒマさえあれば琵琶湖 南湖へ出撃。彼が起こす天変地異は吉田現象とも称される。CREW NO.1の大食漢でもある。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
2G

2G

シーバスハンター
某釣具店には2Gモデルやカラーなどが推薦される。ルアー選択、レンジコントロール、コース取りを的確に行いキーパーサイズを年間250本以上を釣り上げる。オカッパリ、ウェーディングが主体。今宵もさらなるBIGシーバスを求めて名港を釣り歩く。
  • Instagram
  • BLOG
村上智哉

村上智哉

カメラマン
アングラーズマーケット専属カメラマン。幼い頃、バス釣りに出会ったことで、自然やアウトドアに魅了される。現在はトップウォーターの釣りに目覚め、釣果よりもプロセスを重視。所有するカヌーで釣りやキャンプを楽しみながら撮影を行っている。
  • facebook
  • Instagram
より和田

より和田

美漁師
生粋のお魚好きとして、バス釣りやジギング、名港ソルトゲーム、名古屋近郊のナマズや雷魚など、ルアーで釣れる魚は何でも狙う名古屋在住の美漁師(美容師+漁師)。三重県のごく普通の河川で、64cm(5700g)のバスを釣ったことが自慢。
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
深沢アキラ

深沢アキラ

芸人
某有名芸能事務所をクビになりフリーで活動する名古屋芸人。下ネタを得意とし体を張る芸で数多くのTVやLIVEに出演。芸人アングラーNo.1を目指し東濃野池を中心にほぼ毎日釣り歩く。最近はライブを行うより、釣りに行く回数が多くなっている。
  • twitter
  • Instagram
徳永海人

徳永海人

ANGLERS MARKET
幼少期より父親の厳しい英才教育を受け、釣りにライフスタイルのすべてを捧げる平成生まれの将来有望な、若いのにちゃんと空気の読める釣り師。五三川などの陸っぱりをメインに、得意のフロッグを駆使しながら、独自のスタイルを確立している。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
大村拓真

大村拓真

ANGLERS MARKET
名古屋の誰もが羨む高台の一等地に住むブルジョワアングラー。琵琶湖でのボートフィッシングをメインにしながらも、船舶免許の取得に4回も失敗するという(爆笑)なかなかの強者。スワンプクローラーのネコリグが彼の必殺のSPECIALメソッド♪
  • twitter
  • facebook
  • Instagram

SPECIAL

小川健太郎

小川健太郎

TULALA
  • WEB
白川総裁

白川総裁

DRT
  • WEB
原田幸也

原田幸也

JFLCC
  • WEB
冨本タケル

冨本タケル

琵琶湖PROガイド
  • WEB
高井主馬

高井主馬

Rattytwister
  • WEB
小崎圭一朗

小崎圭一朗

deps
  • WEB
八木厚昌

八木厚昌

ペットショップ Remix
  • WEB
TAKA

TAKA

lure angle HAMA店長
  • WEB
Y’S

Y’S

ysm23
  • WEB
疋田星奈

疋田星奈

Megabass
  • WEB
B U

B U

バサーズユナイテッド
  • WEB
高橋正樹

高橋正樹

トルシープガレージ
  • WEB
荻原香

荻原香

ハヤブサLADY
  • WEB
雑男

雑男

レッドヘッド
  • WEB
梅本まどか

梅本まどか

タレント
  • WEB
水谷明良

水谷明良

BOZLES
  • WEB
DWS

DWS

ディケイドワークス
  • WEB
安藤 吉彦

安藤 吉彦

A.H.P.L.
  • WEB
まーも

まーも

加木屋守
  • WEB