ANGLER PICKS
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 4月2日(日)に名古屋で開催される「アングラーズマーケット2017」。コチラは毎年恒例となっている釣具のフリーマーケットだ。このイベントはフィッシングショーなどのメーカー主体のイベントではなく、一般の釣り人が主役。家に眠るタックルをフリーマーケット方式で自由に売り買いすることができるという、かなり面白いイベントなのだ。 今ではなかなか手に入らないお宝ルアーや、懐かしのタックルを探しに行くのもいいだろうし、釣り人同士の輪を広げるのもいいだろう。毎年大盛況なイベントなので、今年も大いに盛り上がることだろう。 春の行楽シーズンに最適なアングラーズマーケット。みなさまお誘い合わせのうえ友人や家族でのんびり遊びに行かれてみてはいかがだろうか。
バス釣りで大人気の『琵琶湖』はご当地文具も魚グッズが人気らしいです。 日本一の湖『琵琶湖』の美しさと奥深さがアイテムにも反映されてるらしいです。 旅や出張で訪れたら訪れたら、ぜひ買いたい、お土産にもぴったりの“ご当地文具”と出会ったことはないだろうか。ユニークで、発想が面白い文具を紹介しよう。◎琵琶湖の魅力を発信する“びわこ文具”琵琶湖がモチーフの『びわこ文具』が人気だ。もとはコクヨ工業滋賀が琵琶湖に群生するヨシの紙製品などを独自で開発・製造し、滋賀県内で販売していた。今ではコクヨの通販サイトで取り扱うなど全国区に。コクヨ『びわこクリップ』(5本378円)琵琶湖形のクリップで留める部分は魚とユニーク。ヨシ紙のカード5柄付き。コクヨ『とび太くん ヨシノート』(A6サイズ216円)滋賀県発祥の”飛び出し坊や”をデザイン。ミシン目カット付き...
各方面から注目される生物ライター平坂寛さん。 2年前には『外来魚のレシピ: 捕って、さばいて、食ってみた』という本も出版。 日本各地に生息する外来生物や謎に満ちた深海魚など、さまざまな生物を「捕獲しては食べる」というユニークな活動をライフワークとしている平坂寛さん。 その目的は「視覚」、「聴覚」、「嗅覚」、「触覚」、そして「食べて味わう=味覚」といった人間の持つ五感を駆使してその生物を知ること。 「食べてみてはじめて知ることがある」というのを信条に、オリジナリティ溢れる活動を展開中。 また、怪魚だけでなく、爬虫類などもターゲットにし、そして海外だけではなく、意外にも国内でもいろんな珍生物を捕獲しています。 「まずさ」のチャンピオンは「何の処理もしていない沖縄のアフリカマイマイ」と語る平坂寛さんの動向から目が離せません。
本日3月15日に「マスカットナイト」(テレビ東京ほか)にて放送される予定です。 深夜バラエティ番組では滅多に見ることができない、セクシーアイドルが荒波に揉まれながらマグロを釣る、奇跡的な映像が放送されることがわかりました。放送を楽しみに見たいと思います!!!! 以前の放送で、毎日マグロを食し、自他共に認める“マグロ好き”のリーダー明日花キララに、4月16日からスタートする『大トロ・中トロ・クアトロツアー2017~大漁~』の成功を祈願するマグロ釣りへ向かう指令を下した番組は、ついにロケを決行。明日花キララは長崎県壱岐島へ向かった。 玄界灘の荒波に揉まれ、船酔いと戦い、出航から6時間後の午前8時、マグロ釣りを開始すると竿が大きくしなり手応えが……! 明日花は直後に船長から“女神”の称号を与えられる。奇跡の数々を起こしたリーダー明日花キララの命懸けのロケ映像は放送で確認しよう。 さらに、マグロ釣りを振り返るスタジオには、巨大な本物のマグロが登場。今週は深夜バラエティ番組の枠を大きく越えた、見応えのある内容となっている。普段は番組を観たことのない人も要チェックだ。 恵比寿★マスカッツは4月26日に1stアルバムのリリースが決定。収録曲「バッキャロー」「コイノウタ」は先行配信中だ。
ソフトバンクホークスが、OBの城島健司氏に臨時コーチ就任を要請したが、時間の調整がつかずに諦めていたことが明らかになった。 ソフトバンクは昨年あと少しのところでリーグ優勝を逃し、日本シリーズ出場をかけたクライマックスシリーズでもファイナルステージで敗退。チーム再建に向けてリーダーシップあふれる城島氏の力を借りたかったと見られる。 「チームは理由を『調整がつかなかった』とだけ発表しています。考えられるのは工藤監督との不仲か、城島氏が野球を見たくもないほど毛嫌いしているかのどちらかではないかと考えられていました。ところが、思わぬ理由が浮上したんです」(スポーツライター) それはなんと釣りだという。現役を引退し指導者としての活動もないため暇だと思われている城島氏だが、実は大好きな釣りで多忙な日々を送っているのではないかとささやかれているのだ。 「城島氏は野球を辞めたら漁師になりたいと宣言したこともあるほどの釣り好きです。九州のテレビ局で自身の釣り番組を持っていたこともありますし、地元の釣り大会で何度も上位入賞を果たすほど。今は尾長グレ(大型のメジナ)がシーズン真っ最中ですから、野球などやっている暇がないのかもしれませんね」(前出・スポーツライター) 野球ではなく釣り指導をお願いすれば、快く引き受けてくれたのかもしれない。
ラインが光る?? 魚に違和感を与えてしまいそうだが... PEを使用する場合はほとんどにリーダーを使うのでそれほど影響はない。 そして魚から来るアタリ!竿やラインの感度を上げれば、取れるアタリも増えます。 しかし、どれだけタックルの感度を上げても手元に感じないアタリは存在します。 その時はラインの変化を見て魚をかけます。 渋い時ほどそれが取れるか取れないかで釣果に差が開いてしまいますよね! それでもどんなに釣りがうまい人だったとしてもナイトゲームではラインの変化ではアタリを取ることは難しいです。 特にPEラインは風の影響を受けやすいので、ラインがどこにあるかもわからない時があります! しかし!!そんなナイトゲームの概念を覆すPEラインをサンラインが開発中とのことなんです! そんな画期的なアイテムを今回はご紹介します! 名称は未定!暗闇でも見える光るPEライン!! 光るラインというと東レから出ていたラインを思い出す方もいると思います。 しかし、すぐに廃盤になりました。 それは蓄光の繊維をラインの中に一緒に編み込んだため、ライン自体の引っ張り強度が低下してしまうことにあったと言われています。 ラインがいくら目で見えても、ラインの強度は下げたくないのが釣り人の本音ということでしょうか。 しかし、今回サンラインが開発中のラインはラインの強度に自信があるとのことです。 サンラインから発売されるラインは光を吸収させるのではなく、赤い光を通しやすい素材を使うようです。 そのため、進化を発揮させるにはハピソンが開発中のライトと組み合わせるのがベストだそうです。

アングラーズマーケット

アングラーズマーケットとは

"アングラーズマーケット"は、一般の釣り愛好家が、
使わなくなった釣具・アウトドア用品をフリーマーケット形式で出店し、
釣り人同士が積極的に交流を深められるイベントです。

フリーマーケットを通した釣り人同士の交流の場

自宅に眠っているルアーがお宝に代わるチャンス

宝探し感覚で掘り出し物を探すワクワク感を提供

メーカー・ショップにとっては在庫処分の機会

個人ルアービルダーなどが作品・商品を見てもらう場所

リユースの精神を広め地球・自然に優しいことを考える

開催概要開催概要
チケット情報
出店申込み
よくある質問
アクセス
メニュー

アングラーズサミット

毎月第1・第3日曜日、早朝6:00〜6:30

"釣り"をキーワードに、業界で頑張るキーマンをお迎えしマル秘な裏話を井戸端会議的に伺います。メインパーソナリティはKatsuu(Megabass)、アシスタントは梅本まどか(元SKE48)が努めます。不定期で釣り大会も開催しています。

ブログ

BLOG

イベントの開催告知やその裏側はもちろん、CREWの日々の釣行日記などを、時に面白おかしく、時に熱くまじめに綴っています。

ショッピング

ショッピング

アングラーズサミットだから手に入る限定アイテムやコラボアイテムなどを販売しています。僕ら自身が使いたい! 持ちたい! そんなアイテムだけを厳選して販売しています。

SQUAD

釣人市場

釣人市場

ANGLERS MARKET
釣りとアウトドアのフリーマーケット「アングラーズマーケット」、釣り人による釣り人のためのラジオ番組&ときどき琵琶湖で釣り大会「アングラーズサミット」を主催する、プロでもメーカーでもない、自然を愛するどこにでもいるごく普通の釣り人。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
ONI

ONI

SQUARE
名古屋、いやSTREETを代表する最狂ブランド『SQUARE』率いる釣り馬鹿サオ師 a.k.a.ONI隊長。愛艇はZ21。ゴルフはプロレベルで、麻雀&競馬&パチンコ・・・生粋のギャンブラー。音楽&格闘技イベントの先駆者でもあり、アンマケCREWを牽引。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
金森康浩

金森康浩

編集王
名古屋で一番たくさん雑誌を作って一番売った男。雑誌制作で培った“伝える力”を活かし、クリエイティブの総合商社として、街づくりや自治体、企業の発信などを、紙、WEB、映像問わず、結果に直結したディレクション&プロデュースを行う。
  • facebook
  • Instagram
永野 弘

永野 弘

怪獣ハンター
「琵琶湖のモンスターハンター」、「北の交渉人」などの異名をとる、春日井在住の強面アングラー。常にデカバスだけを追い求める、ノーバイト上等の修行とも呼べるストロングスタイルで、時間さえあれば、湖北に繰り出す怪獣狩り中毒者。
  • Instagram
Katsuu

Katsuu

Megabass
Megabassプロスタッフ。ROCKバンドやラジオのパーソナリティ(アンサミも)、そしてブランドとSHOPなどもこなす超人型釣うまイケメン!! MOSH&FISHに追われる多忙な日々でも釣果を残すが… 釣りビジョンや雑誌取材では不調なのが悩み。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
TAKASHI

TAKASHI

ご意見番
幼少の頃よりサポートを受け、数々のバス釣り大会にも出場。ルアーショップのスタッフの経験、そしてパンクロックイベントの主催や元レコードショップオーナーという異色の顔を持ち、個性の強すぎるアングラーズマーケットCREWのご意見番として君臨。
  • Instagram
伊藤康道

伊藤康道

和尚さんアングラー
室町時代から続く由緒正しき某お寺の32代目。京都の大学に行ったのがキッカケで、バス釣りの魅力にさらにハマり、仏教界では数少ないアングラーとして、デカバスを求めて琵琶湖上に立つ。また、カブトムシやクワガタ捕獲の名人でもある。
  • facebook
  • Instagram
カワキーター

カワキーター

dragonace
琵琶湖に毎週末通うカワキーターことガイド名『Dragon Ace』。愛艇はもちろんスキーター。琵琶湖歴28年ボート歴12年。パワーポールを増やし、さらに目立つようになったのがプチ悩み。駐艇を嫌いボートを引っ張るアメリカンスタルにこだわる漢。
  • facebook
  • Instagram
RYUTA

RYUTA

STRONG STYLE
日本を代表するPUNK ROCKバンド『STRONG STYLE』のDrums。
バンド活動と並行して、バス釣りにも勢力的に取り組みヒマさえあれば琵琶湖 南湖へ出撃。彼が起こす天変地異は吉田現象とも称される。CREW NO.1の大食漢でもある。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
2G

2G

シーバスハンター
某釣具店には2Gモデルやカラーなどが推薦される。ルアー選択、レンジコントロール、コース取りを的確に行いキーパーサイズを年間250本以上を釣り上げる。オカッパリ、ウェーディングが主体。今宵もさらなるBIGシーバスを求めて名港を釣り歩く。
  • Instagram
  • BLOG
村上智哉

村上智哉

カメラマン
アングラーズマーケット専属カメラマン。幼い頃、バス釣りに出会ったことで、自然やアウトドアに魅了される。現在はトップウォーターの釣りに目覚め、釣果よりもプロセスを重視。所有するカヌーで釣りやキャンプを楽しみながら撮影を行っている。
  • facebook
  • Instagram
より和田

より和田

美漁師
生粋のお魚好きとして、バス釣りやジギング、名港ソルトゲーム、名古屋近郊のナマズや雷魚など、ルアーで釣れる魚は何でも狙う名古屋在住の美漁師(美容師+漁師)。三重県のごく普通の河川で、64cm(5700g)のバスを釣ったことが自慢。
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
深沢アキラ

深沢アキラ

芸人
某有名芸能事務所をクビになりフリーで活動する名古屋芸人。下ネタを得意とし体を張る芸で数多くのTVやLIVEに出演。芸人アングラーNo.1を目指し東濃野池を中心にほぼ毎日釣り歩く。最近はライブを行うより、釣りに行く回数が多くなっている。
  • twitter
  • Instagram
徳永海人

徳永海人

ANGLERS MARKET
幼少期より父親の厳しい英才教育を受け、釣りにライフスタイルのすべてを捧げる平成生まれの将来有望な、若いのにちゃんと空気の読める釣り師。五三川などの陸っぱりをメインに、得意のフロッグを駆使しながら、独自のスタイルを確立している。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
大村拓真

大村拓真

ANGLERS MARKET
名古屋の誰もが羨む高台の一等地に住むブルジョワアングラー。琵琶湖でのボートフィッシングをメインにしながらも、船舶免許の取得に4回も失敗するという(爆笑)なかなかの強者。スワンプクローラーのネコリグが彼の必殺のSPECIALメソッド♪
  • twitter
  • facebook
  • Instagram

SPECIAL

小川健太郎

小川健太郎

TULALA
  • WEB
白川総裁

白川総裁

DRT
  • WEB
原田幸也

原田幸也

JFLCC
  • WEB
冨本タケル

冨本タケル

琵琶湖PROガイド
  • WEB
高井主馬

高井主馬

Rattytwister
  • WEB
小崎圭一朗

小崎圭一朗

deps
  • WEB
八木厚昌

八木厚昌

ペットショップ Remix
  • WEB
TAKA

TAKA

lure angle HAMA店長
  • WEB
Y’S

Y’S

ysm23
  • WEB
疋田星奈

疋田星奈

Megabass
  • WEB
B U

B U

バサーズユナイテッド
  • WEB
高橋正樹

高橋正樹

トルシープガレージ
  • WEB
荻原香

荻原香

ハヤブサLADY
  • WEB
雑男

雑男

レッドヘッド
  • WEB
梅本まどか

梅本まどか

タレント
  • WEB
水谷明良

水谷明良

BOZLES
  • WEB
DWS

DWS

ディケイドワークス
  • WEB
安藤 吉彦

安藤 吉彦

A.H.P.L.
  • WEB
まーも

まーも

加木屋守
  • WEB