ANGLER PICKS
琵琶湖で大繁殖し、滋賀県にとって悩みの種の外来魚に異変が起きているという。県全体の外来魚駆除量が今年度、突然激減したのだ。特別な対策をしたわけでもなく原因は不明。「環境に異変が起きた」「網にかかりやすい成魚が減っただけ」。さまざまな憶測が飛び交う中、県は減少の原因を探ることを決め、18日、9月定例県議会に調査費を盛り込んだ一般会計補正予算案を提出した。(川瀬充久)  「こんなことは初めて。原因もさっぱり分からない」。県水産課は首をかしげる。長年頭を悩ませていた外来魚の駆除量が突如として激減したからだ。琵琶湖の外来魚の推定生息量は平成28年度で1131トン。強い繁殖力から既存の生態系を壊すブラックバス、ブルーギルが大半で、ふなずしの材料となるニゴロブナなど在来種が急減するなど、外来魚による食害の影響が大きい。  このため県は、12年度から外来魚駆除を本格化。駆除の大半は地元漁業者による刺し網などでの捕獲で、県が経費を補助し、19年度(県全体の駆除量543トン)をピークに、推定生息量と駆除量を徐々に減らしていった。その結果、昨年度は176トンにまで減少したのだが、今年度は4~7月で駆除量34トン。昨年同期(76トン)の半分以下だった。  県は魚種ごとの駆除実績をまとめていないが、漁業者からは「ブルーギルはほとんど捕れない」との声が多く、減少分の大半はブルーギルとみられている。それを裏付ける“証言”もある。外来魚に詳しい県立琵琶湖博物館の学芸員、中井克樹さん(57)は「今年孵化(ふか)したブラックバスが非常に多いと聞いている」。  ブラックバスの卵や稚魚は、ブルーギルの捕食対象。ブラックバスの孵化が多いのは、ブルーギルに捕食されなかったためとも考えられるというのだ。ただ中井さんも、仮にブルーギルが激減しているとしても、その理由は「心当たりはない」という。ブルーギルは動物食の傾向が強い雑食性で、プランクトンや在来魚の卵も食べる。中井さんは「ブルーギルが本当に減ったのであれば、湖のプランクトンの組成や生態系に変化があるのかもしれない」と状況に注目している。  減少の原因を探るため、県は18日に開会した県議会で、ブルーギルの実態調査費750万円を盛り込んだ一般会計補正予算案を提出した。県によると、今年度捕獲されたブルーギルの大半は稚魚という。県関係者は「小さい魚は網にかかりにくい。駆除された稚魚が多いのなら、逃れた稚魚も多い可能性があり、捕獲量が減っても個体数は変わっていないかもしれない。調査を進めて実態を把握する必要がある」としている。
台風21号が最接近した4日午後、琵琶湖の南湖でわずか2時間の間に水位が約1メートル低下していたことが7日分かった。研究者らは、観測史上最大の強風や台風の低気圧によって琵琶湖の水が北湖へ押し戻されたと分析。「理論上は予想されていたが、これだけ大規模に起こるのは珍しい」と驚いている。  国土交通省の観測によると、南湖の琵琶湖疏水入り口にある三保ケ崎(大津市観音寺)の水位は4日午後2時20分にマイナス25センチだった。その後、水位が下がり始め、午後4時20分にマイナス122センチを記録し、97センチも低下した。大津市では午後2時40分に、この日最も強い最大瞬間風速31・3メートルを記録していた。  原因について琵琶湖博物館の戸田孝専門学芸員は、気圧差と強風が影響した可能性があると指摘。台風の低気圧が北湖の水を引っ張る一方、南からの強風が湖水を北へ押し戻したとみている。  国交省琵琶湖河川事務所(大津市)も同じ見解を示し、「台風の中心が琵琶湖上を通過すると、低気圧の影響で数センチ程度水位が上がることはよくある。だが、今回は逆に水位がどんどん下り、みんなで驚いていた」。当時は瀬田川洗堰(同市)の放流量を操作しておらず、水位変化に影響は与えていないという。  一方、南湖の11倍広い北湖では水位が上昇。高島市では2時間で26センチ上がってプラス7センチ(午後3時)に、長浜市では23センチ上昇してマイナス3センチ(午後4時50分)になっていた。  国交省などによると、1961年の第二室戸台風でも水位が大きく変動し、「瀬田川の水が干上がった」と伝わっているという。戸田学芸員は「小さな湖では水の逃げ場がなく、このような大きな変化は起こらない。琵琶湖のスケールの大きさを感じてもらえる現象ではないか」と話した。
人気お笑いコンビ千鳥がタコ釣りに番組で挑戦する。 「街頭テレビ出没!ひな壇団」。9/8(土)は「三原のタコをゲットせよ!賞金倍増チャレンジ」を放送 【写真をみる】ワンピース・ルフィ気分の千鳥・大悟 同番組は、千鳥(大悟・ノブ)の2人が広島県内のあらゆる所に出没し、広島に住む人々を主役とする「広島県人の魅力発見バラエティー」。6月放送の企画でゲットした5万円を、8月放送の「BACK TO THE 1968!50年前の新聞を探せ!」で、なんと40万円に増やした千鳥。そんな2人にスタッフが提案したのが、さらに倍の80万円がゲットできるという今回のチャレンジ企画。 ルールは「2時間以内に海で二人がそれぞれタコを捕まえて食べれば成功」というもの。千鳥は「この中に味方はおるんか?」とスタッフをけん制。 舞台は、タコの産地として有名な広島県三原市。漁の最盛期は夏、さらにロケ日の8月8日はタコの日だという。島育ちの大悟を擁する千鳥にとっては、余裕のチャレンジと高をくくり三原の街でタコ漁について聞き込みを開始する2人。しかし、三原の人々とのやり取りのなかで、その思惑を打ち砕く衝撃の事実が発覚する。 なんとか協力者を見つけ、いよいよ海に繰り出した2人。漁師の大クセ仕掛けに大悟は「スペシャル版じゃ」、一方のノブは「小学生の仕掛けじゃ」「これじゃ釣れんて~」と両極端の反応を。 自信満々で釣りを開始したが予想以上に苦労する千鳥。さらに新たな刺客も現れる。しかし、残り時間わずかでまさかの奇跡が!? 千鳥の二人は見事80万円をゲットできるのか。番組は9/8(土)昼12:00~中国放送(RCC)で放送される。(ザテレビジョン)
今回発生致しました台風21号は伊勢湾台風よりも強い勢力で本州に上陸するおそれがあると言われてます。 近畿地方から東海地方にかけては台風直撃は避けれないような見とうしとなっております。 猛烈な強さとなった台風21号。4日(火)から5日(水)にかけて、本州に接近し、上陸するおそれが高い。日本の南でカーブを描く進路は過去、甚大な台風被害が発生している。 台風の発達に好条件な海域  9月1日(土)は二百十日。昔から台風の厄日として知られています。今年はすでに3個上陸し、もう次の台風が近づいています。  台風21号は31日午前、猛烈な強さとなりました。このあたりの海域は海面だけでなく、水深100メートル付近まで水温が26度くらいあります。台風の猛烈な風で海水がかき混ぜられても、水温が下がりにくく、台風の発達に好条件な海域です。  気象衛星からみた台風21号の雲は濃密で、眼を拡大すると、くぼみがはっきりとわかります。台風が非常に湿った空気を次々に取り込んで、雨雲を発達させている様子が推測できます。 予想進路「転向点」が鍵  台風21号はしばらく勢力を維持したまま、西寄りに進みます。3日(月)には進路を次第に北寄りに変えて、さらに4日(火)から5日(水)にかけて、本州に接近し、上陸するおそれが高くなっています。
「外来種」とは、もともとその地域に生息していなかったのに、人為的要因によって他の地域から入ってきた生物のことを指す。テレビ東京の人気番組「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」では、外来種を駆除するシーンがたびたび登場したり、最近だと、サクラの木などを食い荒らす外来種「クビアカツヤカミキリ」や、強い毒を持ち“殺人アリ”とも呼ばれる外来種「ヒアリ」のニュースなどが世間を騒がせており、外来種=悪という印象を持っている方も多いのではないだろうか。 しかし、「ホンマでっか!?TV」でおなじみの生物学者・池田清彦氏の著書『ナマケモノはなぜ「怠け者」なのか』に収録されているコラム〈外来生物は悪者なのか〉によると、「外来種が病原菌をまきちらしたり、産業に甚大(じんだい)な影響を与えたりすれば、駆除せざるを得ない。だが、さしたる影響を及ぼさない場合や、駆除費用がかかりすぎて、費用対効果がマイナスの場合は、何もしない方が賢い」という。 それでもいずれ生態系を脅かすかもしれない外来種は駆逐すべきなのだ! と勇むかたもおられるだろう。しかし、同書によれば「外来種排斥原理主義者たちは何であれ外来種が存在することが許せないようであるが、外来種を全部排除すると、われわれの生活は成り立たない」のだという。いったいどういうことなのか。 さてここで、旅館の朝食なんかを思い出して欲しい。白米に味噌汁に梅干しにキャベツの漬物……そんな典型的な日本の食卓風景に、実は外来種が潜んでいるのである。 「レタスもキャベツもイチョウもウメも外来種だ。たかだか2500年前に日本列島に入ってきたイネは、日本の低地の自然生態系を完膚なきまでに破壊した、史上最悪の侵略的外来種である。そうかといって、イネを排除しようとする人は私の知る限りいない。外来種の排斥よりもわれわれの生活の方が大事だからだ」(同書コラムより引用) つまり、外来種排斥原理主義者たちの主義に則れば、哀しいかな、もう日本でお米は食べられないということになってしまうのだ。これは我々日本人にとって大きなダメージだろう。 「入ってきた当時は、日本の自然にそぐわないとして嫌われる外来種も、侵入して長い年月がたてばわれわれの生活になじんできて、違和感がなくなってくる。アメリカザリガニは侵入してきてまだ90年弱しかたっていないが、子どもの頃ザリガニ捕りをした人たちにとっては、なつかしい日本の風物詩であろう。コスモスも明治時代に導入された比較的新しい外来種だが、秋の田園を彩(いろど)る花として多くの人に親しまれている。外来種だと思っていない人もいるに違いない」(同書コラムより引用) 秋の季語にもなっているコスモスも外来種だったとは……。こうなってくると、外来種・在来種という呼び方すらも、なんだか意味をなさないような気さえしてくる。前掲書で池田氏も述べているが、ブラックバスもあと100年もすれば日本の自然に馴染んでしまい、排斥の声なども潰え、各々の生命の自由を謳歌しているのかもしれない。生命の深慮の前には人の浅知恵にどれほど意味があるのか、考えさせられる。
ブルーギルやブラックバスなど琵琶湖の外来魚の駆除量が本年度、激減している。漁業者がえりや刺し網を使って駆除した量は7月末現在で過去最低の34トンにとどまり、低調だった前年同時期の半分に満たない。県は「生息するはずなのになぜか捕獲できない。不思議な現象」と困惑しており、外来魚の生態把握や原因究明に乗り出す。  県の推定では、外来魚の生息量は1150トン程度で横ばい状態だ。ただ駆除量は近年、右肩下がりが続く。生息量が多い南湖を中心に2002年度から本格的な駆除を始め、08年度までは年400トン以上を駆除したが、その後は徐々に減少。13年度以降は200トンを超すことが珍しい。  特に本年度は1年で最も駆除量が多い5、6月が20トンとふるわず、4カ月間で年間目標量(250トン)の2割以下と低迷する。このうち生息量の8割を占めるとされるブルーギルの捕獲量は小型の1歳魚が9割に達し、大型の2歳魚以上は極めて少ない状況だ。  捕獲されるブルーギルの小型化で駆除効率が低下し、駆除量に応じて経費の半額の補助を受けられる漁業者の操業日数が、前年同期の半分にとどまる「悪循環」に陥っている。今後も駆除量が急増することは考えにくく、県は目標量の見直しも検討する方針だ。  県の担当者は「なぜ今まで取れていた場所で取れなくなったのか」と首をかしげており、本年度から季節ごとの分布状況の調査や新たな効率的な駆除手法の開発に取り組んでいる。

アングラーズマーケット

アングラーズマーケットとは

"アングラーズマーケット"は、一般の釣り愛好家が、
使わなくなった釣具・アウトドア用品をフリーマーケット形式で出店し、
釣り人同士が積極的に交流を深められるイベントです。

フリーマーケットを通した釣り人同士の交流の場

自宅に眠っているルアーがお宝に代わるチャンス

宝探し感覚で掘り出し物を探すワクワク感を提供

メーカー・ショップにとっては在庫処分の機会

個人ルアービルダーなどが作品・商品を見てもらう場所

リユースの精神を広め地球・自然に優しいことを考える

開催概要開催概要
チケット情報
出店申込み
<
よくある質問
アクセス
メニュー

アングラーズサミット

毎月第1・第3日曜日、早朝6:00〜6:30

"釣り"をキーワードに、業界で頑張るキーマンをお迎えしマル秘な裏話を井戸端会議的に伺います。メインパーソナリティはKatsuu(Megabass)、アシスタントは梅本まどか(元SKE48)が努めます。不定期で釣り大会も開催しています。

ブログ

BLOG

イベントの開催告知やその裏側はもちろん、CREWの日々の釣行日記などを、時に面白おかしく、時に熱くまじめに綴っています。

ショッピング

ショッピング

アングラーズサミットだから手に入る限定アイテムやコラボアイテムなどを販売しています。僕ら自身が使いたい! 持ちたい! そんなアイテムだけを厳選して販売しています。

SQUAD

釣人市場

釣人市場

ANGLERS MARKET
釣りとアウトドアのフリーマーケット「アングラーズマーケット」、釣り人による釣り人のためのラジオ番組&ときどき琵琶湖で釣り大会「アングラーズサミット」を主催する、プロでもメーカーでもない、自然を愛するどこにでもいるごく普通の釣り人。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
ONI

ONI

SQUARE
名古屋、いやSTREETを代表する最狂ブランド『SQUARE』率いる釣り馬鹿サオ師 a.k.a.ONI隊長。愛艇はZ21。ゴルフはプロレベルで、麻雀&競馬&パチンコ・・・生粋のギャンブラー。音楽&格闘技イベントの先駆者でもあり、アンマケCREWを牽引。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
金森康浩

金森康浩

編集王
名古屋で一番たくさん雑誌を作って一番売った男。雑誌制作で培った“伝える力”を活かし、クリエイティブの総合商社として、街づくりや自治体、企業の発信などを、紙、WEB、映像問わず、結果に直結したディレクション&プロデュースを行う。
  • facebook
  • Instagram
永野 弘

永野 弘

怪獣ハンター
「琵琶湖のモンスターハンター」、「北の交渉人」などの異名をとる、春日井在住の強面アングラー。常にデカバスだけを追い求める、ノーバイト上等の修行とも呼べるストロングスタイルで、時間さえあれば、湖北に繰り出す怪獣狩り中毒者。
  • Instagram
Katsuu

Katsuu

Megabass
Megabassプロスタッフ。ROCKバンドやラジオのパーソナリティ(アンサミも)、そしてブランドとSHOPなどもこなす超人型釣うまイケメン!! MOSH&FISHに追われる多忙な日々でも釣果を残すが… 釣りビジョンや雑誌取材では不調なのが悩み。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
TAKASHI

TAKASHI

ご意見番
幼少の頃よりサポートを受け、数々のバス釣り大会にも出場。ルアーショップのスタッフの経験、そしてパンクロックイベントの主催や元レコードショップオーナーという異色の顔を持ち、個性の強すぎるアングラーズマーケットCREWのご意見番として君臨。
  • Instagram
伊藤康道

伊藤康道

和尚さんアングラー
室町時代から続く由緒正しき某お寺の32代目。京都の大学に行ったのがキッカケで、バス釣りの魅力にさらにハマり、仏教界では数少ないアングラーとして、デカバスを求めて琵琶湖上に立つ。また、カブトムシやクワガタ捕獲の名人でもある。
  • facebook
  • Instagram
カワキーター

カワキーター

dragonace
琵琶湖に毎週末通うカワキーターことガイド名『Dragon Ace』。愛艇はもちろんスキーター。琵琶湖歴28年ボート歴12年。パワーポールを増やし、さらに目立つようになったのがプチ悩み。駐艇を嫌いボートを引っ張るアメリカンスタルにこだわる漢。
  • facebook
  • Instagram
2G

2G

シーバスハンター
某釣具店には2Gモデルやカラーなどが推薦される。ルアー選択、レンジコントロール、コース取りを的確に行いキーパーサイズを年間250本以上を釣り上げる。オカッパリ、ウェーディングが主体。今宵もさらなるBIGシーバスを求めて名港を釣り歩く。
  • Instagram
  • BLOG
村上智哉

村上智哉

カメラマン
アングラーズマーケット専属カメラマン。幼い頃、バス釣りに出会ったことで、自然やアウトドアに魅了される。現在はトップウォーターの釣りに目覚め、釣果よりもプロセスを重視。所有するカヌーで釣りやキャンプを楽しみながら撮影を行っている。
  • facebook
  • Instagram
より和田

より和田

美漁師
生粋のお魚好きとして、バス釣りやジギング、名港ソルトゲーム、名古屋近郊のナマズや雷魚など、ルアーで釣れる魚は何でも狙う名古屋在住の美漁師(美容師+漁師)。三重県のごく普通の河川で、64cm(5700g)のバスを釣ったことが自慢。
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
深沢アキラ

深沢アキラ

芸人
某有名芸能事務所をクビになりフリーで活動する名古屋芸人。下ネタを得意とし体を張る芸で数多くのTVやLIVEに出演。芸人アングラーNo.1を目指し東濃野池を中心にほぼ毎日釣り歩く。最近はライブを行うより、釣りに行く回数が多くなっている。
  • twitter
  • Instagram
徳永海人

徳永海人

ANGLERS MARKET
幼少期より父親の厳しい英才教育を受け、釣りにライフスタイルのすべてを捧げる平成生まれの将来有望な、若いのにちゃんと空気の読める釣り師。五三川などの陸っぱりをメインに、得意のフロッグを駆使しながら、独自のスタイルを確立している。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
仙石快

仙石快

五三アングラー
東海屈指のメジャーフィールド(タフフィールド!?)五三川で育った若手アンマケCREW。釣り場から近い高校に進学…釣り場から近い会社に就職と…人生をバス釣りに捧げてきた釣り馬鹿。学生の頃はルアーを拾うために五三川へ足を運んでいた(笑)
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
大村拓真

大村拓真

ANGLERS MARKET
名古屋の誰もが羨む高台の一等地に住むブルジョワアングラー。琵琶湖でのボートフィッシングをメインにしながらも、船舶免許の取得に4回も失敗するという(爆笑)なかなかの強者。スワンプクローラーのネコリグが彼の必殺のSPECIALメソッド♪
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
さゆくま

さゆくま

crazy釣りガール
その見た目とは裏腹に(!?)、飲食店やカフェで磨いた料理のスキルを活かした“食える系専門の釣りガール”。名古屋港や三河湾で、穴釣りメインにCATCH & EAT! いつかはアオリイカ…をテーマにロッドを振り続ける。実は魚と同じぐらい猫が好き♥
  • facebook
  • Instagram
大地

大地

高校生アングラー
バス釣り一筋、愛知県唯一の水産高校に通う高校生アングラー。全国的にもハイプレッシャーで知られる大江川水系を、得意のストロングスタイルをメインにデカバスを狙い続けるハンター。1年ほど前より大会に参戦し、既に優勝2回。さらなる高みを目指して日々特訓中。
  • twitter
  • Instagram
トシヤ

トシヤ

南湖ボーター
琵琶湖(南湖中心)と入鹿池をホームグラウンドとする可児市在住のバスマン。溺愛するハイエースでマイバスボートを高速道路で牽引中、連結部の不具合…爆音と火花を散らしながらの走行も経験(爆笑)湖上で食べる冷やし中華(マヨ付き)と下物浚渫とdepsが大好物。
  • facebook
  • Instagram
まさや

まさや

ボトム愛好者
初めてバス釣りをした瞬間に、釣りの魅力に取り憑かれ、速攻で船舶免許を取得。ジグやテキサスなどボトム系のスタイルが得意。釣り以外にも車やスニーカーへの造詣は深い。まだ見ぬロクマルを求めロッドを振り続けるが、刺身NGというちょっと残念(笑)なアングラー。
  • Instagram
ともちょ

ともちょ

初心者アングラー
若干23歳にして年上マダムと結婚。釣りも女もまだまだ無知識、技術も初心者! 釣り以外にも、バイクやジムニーと多趣味にこなしながら、東濃野池を中心に野池をめぐりつつ琵琶湖にも参戦。2級小型船舶免許取得も取得し、和船をバスボート並に操る達人の目標は、ロクマル捕獲。
  • Instagram
ゆうと

ゆうと

ANGLERS MARKET
19歳の時、たまたま友人から渡されたロッドでの一投でヒットした40upのブラックバス。それ以降、釣りにのめり込み船舶免許も取得し、シーズン中は毎週のように琵琶湖へ通い詰める春日井在住のフィッシャーマン。北山田エリアでのジグ打ちを得意としdepsを愛用。
  • Instagram
TOMMY

TOMMY

30 lures スタッフ
超タフリバー大江川を中心に、バス釣りにすべてを捧げる情熱的高校生アングラー。その釣りに対するスタンスと飽きなき向上心を認められ、桑名市長島町に7月にオープンするルアーショップ『30 lures』のスタッフに内定。高校生にして、釣り馬鹿度MAXで若干、将来が心配(笑)
  • twitter
  • Instagram

SPECIAL

小川健太郎

小川健太郎

TULALA
  • WEB
白川総裁

白川総裁

DRT
  • WEB
原田幸也

原田幸也

JFLCC
  • WEB
冨本タケル

冨本タケル

琵琶湖PROガイド
  • WEB
高井主馬

高井主馬

Rattytwister
  • WEB
小崎圭一朗

小崎圭一朗

deps
  • WEB
八木厚昌

八木厚昌

ペットショップ Remix
  • WEB
TAKA

TAKA

lure angle HAMA店長
  • WEB
Y’S

Y’S

ysm23
  • WEB
疋田星奈

疋田星奈

Megabass
  • WEB
B U

B U

バサーズユナイテッド
  • WEB
高橋正樹

高橋正樹

トルシープガレージ
  • WEB
萩原香

萩原香

ハヤブサLADY
  • WEB
雑男

雑男

レッドヘッド
  • WEB
梅本まどか

梅本まどか

タレント
  • WEB
水谷明良

水谷明良

BOZLES
  • WEB
DWS

DWS

ディケイドワークス
  • WEB
安藤 吉彦

安藤 吉彦

A.H.P.L.
  • WEB
まーも

まーも

加木屋守
  • WEB