ANGLER PICKS
レクサスは、米国・マイアミで実施されたブランドイベント“Through the Lens”において、LEXUS Sport Yacht Conceptを世界初披露した。 こんなボートで湖面を激走してみたいもんです。 トヨタは、1997年から、プレジャーボートの開発、生産および販売を行っており、これまでに約900隻のボートを日本国内で販売している。 LEXUS Sport Yacht Conceptは、トヨタのマリン事業が20年目を迎えるにあたり、レクサスがクルマだけに留まらず、ユーザーに驚きと感動を提供するための、新たな提案のひとつとして開発。これまで培ってきた技術、ノウハウを最大限活用し、スタイリッシュかつ卓越した走航性能を有するオープンクルーザーが完成した。 開発にはレクサスのチーフブランディングオフィサーである豊田章男氏も関与し、ブランドのデザインフィロソフィーに基づく流麗なフォルムに、“F”モデルやラグジュアリークーペLCに採用しているV型8気筒5Lエンジンを2基搭載するなど、レクサスの特徴を数多く備えたコンセプトモデルである。 ・これまで自動車で表現してきたレクサスのデザインフィロソフィーを、クルーザーという新たな形で具現化した。立体的なフォルムと曲線美を追求し、高性能を予感させる優美かつ躍動感のあるスタイリングを実現。また、オープンデッキのシートは前向きにも横向きにも座れるユニークな左右非対称の形状を採用し、外形スタイルとの一体感を演出。 ・バウキャビンは、日本の「和」を意識した落ち着きのあるデザインを基調とし、黒のガラスフローリングや情緒感のある照明により、非日常的な空間を演出した。また、サウンドシステムにはハイエンドオーディオの世界を常に先導し続け、レクサス車にも採用されているマークレビンソン製を搭載。 ◆LEXUSの自動車技術と世界最先端のボート開発ノウハウを融合した、高い走航性能と操作性 ・エンジンは、レクサス “F”モデル(RC F・GS F)やラグジュアリークーペLCに採用されている2UR-GSE V型8気筒5L自然吸気エンジンを船舶用にチューニング(450ps/基)し、レース用スターンドライブと組み合わせた。また、船底の滑走面は水との摩擦抵抗を軽減するステップハルを採用することで高い走航性能を実現。 気になるのは販売予想お値段は...???
テレビ東京系列にて1月15日放送の『日曜ビッグバラエティ「緊急SOS!危険生物から日本を守れ!全国一斉大調査」』(19:54~21:48)で、ロンドンブーツ1号2号の田村淳とココリコの田中直樹が初めてタッグを組み、番組MCを務めることがわかった。 バラエティー番組で外来種などを取り上げる場合 軽く内容を嘘吹くヤラせてきな誇張する場面があったり、浅いTV側だけの狙いで焚き付けたり...だいたいが大袈裟に外来種を悪者と決めつけ自然の生態系の崩落はそのせいだと決めつける。明治大正、昭和に平成時代が進めば環境破壊や大気水質汚染は皆が分かってる事、それでも生き抜く生態を絶滅とか駆除とか破壊とか... そういう言葉より進化とか進退したとか生存、共存など今の水中にある生き抜いて進化しつつある生態をバラエティー番組目線ではなく本当の事をメディアを通して伝えて欲しいものです。 <<番組内容>> 同番組では、危険生物に悩まされる近隣住民からのSOSを受けて出動し、外来種が大量発生し困っている池の水を全部抜き「そこには何が潜んでいるのか」を大調査。東京・品川の歴史ある神社の池で、“ヌシ”と語り継がれた体長60センチを超える巨大な○○が初めて姿を現すほか、和歌山県・鳥の巣半島に大量発生し、生態系を破壊しているという外来種のカエルを駆除。岐阜県高山市にある美女ケ池では、地元住民100人と共に打ち上げられた生物を捕獲する。 田村と田中は、プライベートを含め2人になるは、20年ほど前に田中が田村の家にテレビ台をもらいに行き、運んでもらった帰りに田中の家でパンを焼いてごちそうして以来だという。番組では、田村は品川の歴史ある神社の池、田中は鳥の巣半島の用水池の水抜きに同行し、自ら胴長を着て池に入り調査を行った。収録後、感想を語ったので、以下にて紹介する。 <<タレント>> 番組オファーをいただいたとき「池の水を抜く」企画と聞き、耳を疑いました。すごくやりたい、と思ったのですが、反対に不安もありました。水を抜くだけで2時間番組をやるのか、という(笑)。最初に引き受けたドキドキ感は、池の中には人間の欲深いものが溢れていて、何か本当は捨てちゃいけないものが捨てられていたり、葬り去りたい闇の部分が眠っているのかということだったんです。でも収録に参加する間に、これって「生物との兼ね合いなんだ」とか、「生き物が生きていく上で、水って大切だな」とか、「人間もほとんど水分だな」といったことを考えましたね。俺、そんなこと思ったことないから(笑)。水と生き物のつながりを感じる番組になるとは、思わなかったですよね。あと、良いヘドロと悪いヘドロがあるなと(笑)。本番で言うの忘れちゃったんですけど、ヘドロって、畑にまくと肥料になるものもあるらしいんです。落ち葉が腐って出来上がったヘドロは、肥料に適している。”ヘドロ”って、絶対名前が良くないですよね。水はやっぱり、人生において、できるだけ抜きたい(笑)。今後も抜ける機会があるんだったらどんどん抜いていきたいですね。
『DAIWA モアザン2017』は、ショアゲームで狙えるシーバス全方位をターゲットとし、“1匹でも多く獲る“ために開発されたシーバス専用フラッグシップスピニングリール。 3年振りのモデルチェンジにより、防水性能、初期の回転性能がより長期間維持されるマグシールド、ドライブギヤー両端にはマグシールドボールベアリングを搭載。滑り出しと追従性を追求したATDでさらに深化。強さと軽さを兼ね備えたZAION製エアローター採用で、ハンドルの初動が軽いのも特長。潮流など刻々と変化する状況に対応。パワーだけでなく、快適に楽しめるようにダイワテクノロジーの粋を結集! 2510PE-Hは、湾奥エリア中心とした適応範囲の広いオールラウンダーで、豊富なラインキャパで遠投はもとより、デイゲームでの使用を想定したハイギヤ仕様。 ショアゲームに最適なスペックを有する3012Hは、手返しの良さとパワーを高次元で融合したモデルで、タフなシーバスゲームにおける流域河川においても快適な使用感でシーバスアングラーをサポート。 3500は、モアザンのニューフェイス。高剛性モノコックボディが回転性能と防水性能を飛躍的に向上させている。 ランカーサイズを想定したラインキャパを備え、磯ゲームにおける大型ヒラスズキにも対応。3月の発売が早くも待ち遠しい!!!!
新年の初釣りで大物を掛けたがそのまま海中に引きづり込まれる事故がありました。 男性は奇跡的に救助されたとの事です。 単独で釣りに行く場合は海、湖、船釣り、陸釣り、いかなる時でも危険が潜んでいるという事です。 海釣りに出かけた男性が、大物のマカジキに引っ張られて海中に落ちたものの、6時間後に無事救出されるという出来事がありました。 釣り人は20代とみられるニュージーランド出身の男性で、ノース・ウェスト・ケープから約55キロの海域で大きなマカジキを釣ろうとしたものの海中に落ちたもよう。 別の釣り人が、無人のまま航行していた船を発見し、当局に通報した。数隻の船が協力して捜索し、海を漂っていた男性を救出した。 エクスモス・ボランティアーズ海上救助隊を率いるラスティー・エリス氏は、「何もない場所で」無事発見された男性は非常に幸運だったと語った。「海に出ていた船の人たちの協力態勢は見事だった。すぐにまとまって、捜索活動を速やかに開始した」。 「男性が見つかっただけでも、みんなとてもほっとしたと思う。悲劇的な状況になる可能性は十分あった」 男性は付近のエクスモス病院で、低体温とショック症状で手当てを受けたという。 単独の海釣り、船釣りなどがいかに危険か、あらためて認識すべき事例だと思います。
シマノからバス用両軸リール「スコーピオン DC」が登場!! 往年の人気機種に同社独自の最新ブレーキを搭載したハイパフォーマンスモデルだ。 同社の両軸リールの中では中級機のポストを占め、長年にわたり多くのアングラーに愛用されてきた 「スコーピオン」が2017年新たにリニューアル。 今回発売となる本機種はDC(テジタルコントロールブレーキ)が搭載されているため、バックラッシュを減らし、快適に釣りを楽しめるモデルとなっている。 5段階の外部ダイヤルと3モードの内部ダイヤルをセレクトすることで、誰でも簡単に適切なブレーキ力を設定することが可能だ。 また、強力な巻き上げを可能にする「X-SHIP」も搭載されているため、ビックバスとも安心してファイトできる。海水での使用にも対応しているため、近年流行りのソルトベイトフィネス用リールとして使ってみてもよいだろう。 コストパフォーマンスにも優れ 搭載されてる機能も性能も最上級なスコーピオン!!! 初心者から上級者まで幅広く使える主力のリールとなるだろう!!! 100、100HGは2017年2月、101、101HGは4月発売予定だ!!!!
濱田岳が主演を務め、先日放送された『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』が大好評だった為“Season2”となって4月クールの同枠で放送されることが決定した。 本作は、国民的映画「釣りバカ日誌」の初の連続テレビドラマ化作品。ドラマでは、初回視聴率10.8%、平均視聴率8.1%を記録した。また、今年の1月2日には、“新春ドラマスペシャル”として特番を放送。こちらも、他局に豪華番組が並ぶ中、視聴率7.5%を獲得した。 インターネット上では「待ってました!」「楽しみで仕方がない!」という、喜びの声が続々と挙がった。 SNSの拡散も大変多く 釣りファンの多さや情熱と人気の高さを伺えた!!! Season2でも引き続き“ハマちゃん”を演じる濱田は「Season2ではSeason1よりもバカさ加減がよりパワーアップしています(笑)。いままでの『釣りバカ日誌』をご覧いただいていた方にはもちろん、4月のSeason2から初めて観るという方にも楽しんでいただけるはずです。そういうところも『釣りバカ日誌』という作品の素敵なところですよね」とコメント。 さらに、「一見、順風満帆に見えるハマちゃんとみち子さん(広瀬アリス)カップルの間につまずきが生まれたり、Season2には見どころがたくさん用意されています。僕が個人的に好きなのは、鈴木建設の重役たちがどんどんバカになっているところです(笑)」とアピールし、「ドラマ版オリジナルのみどころがたくさん詰まった『釣りバカ日誌』のSeason2は、4月から放送開始です。どうぞお楽しみに!」と視聴者にメッセージを送った。

アングラーズマーケット

アングラーズマーケットとは

"アングラーズマーケット"は、一般の釣り愛好家が、
使わなくなった釣具・アウトドア用品をフリーマーケット形式で出店し、
釣り人同士が積極的に交流を深められるイベントです。

フリーマーケットを通した釣り人同士の交流の場

自宅に眠っているルアーがお宝に代わるチャンス

宝探し感覚で掘り出し物を探すワクワク感を提供

メーカー・ショップにとっては在庫処分の機会

個人ルアービルダーなどが作品・商品を見てもらう場所

リユースの精神を広め地球・自然に優しいことを考える

開催概要開催概要
チケット情報
出店申込み
よくある質問
アクセス
メニュー

アングラーズサミット

毎月第1・第3日曜日、早朝6:00〜6:30

"釣り"をキーワードに、業界で頑張るキーマンをお迎えしマル秘な裏話を井戸端会議的に伺います。メインパーソナリティはKatsuu(Megabass)、アシスタントは梅本まどか(元SKE48)が努めます。不定期で釣り大会も開催しています。

ブログ

BLOG

イベントの開催告知やその裏側はもちろん、CREWの日々の釣行日記などを、時に面白おかしく、時に熱くまじめに綴っています。

ショッピング

ショッピング

アングラーズサミットだから手に入る限定アイテムやコラボアイテムなどを販売しています。僕ら自身が使いたい! 持ちたい! そんなアイテムだけを厳選して販売しています。

SQUAD

釣人市場

釣人市場

ANGLERS MARKET
釣りとアウトドアのフリーマーケット「アングラーズマーケット」、釣り人による釣り人のためのラジオ番組&ときどき琵琶湖で釣り大会「アングラーズサミット」を主催する、プロでもメーカーでもない、自然を愛するどこにでもいるごく普通の釣り人。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
ONI

ONI

SQUARE
名古屋、いやSTREETを代表する最狂ブランド『SQUARE』率いる釣り馬鹿サオ師 a.k.a.ONI隊長。愛艇はZ21。ゴルフはプロレベルで、麻雀&競馬&パチンコ・・・生粋のギャンブラー。音楽&格闘技イベントの先駆者でもあり、アンマケCREWを牽引。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
金森康浩

金森康浩

編集王
名古屋で一番たくさん雑誌を作って一番売った男。雑誌制作で培った“伝える力”を活かし、クリエイティブの総合商社として、街づくりや自治体、企業の発信などを、紙、WEB、映像問わず、結果に直結したディレクション&プロデュースを行う。
  • facebook
  • Instagram
永野 弘

永野 弘

怪獣ハンター
「琵琶湖のモンスターハンター」、「北の交渉人」などの異名をとる、春日井在住の強面アングラー。常にデカバスだけを追い求める、ノーバイト上等の修行とも呼べるストロングスタイルで、時間さえあれば、湖北に繰り出す怪獣狩り中毒者。
  • Instagram
Katsuu

Katsuu

Megabass
Megabassプロスタッフ。ROCKバンドやラジオのパーソナリティ(アンサミも)、そしてブランドとSHOPなどもこなす超人型釣うまイケメン!! MOSH&FISHに追われる多忙な日々でも釣果を残すが… 釣りビジョンや雑誌取材では不調なのが悩み。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
TAKASHI

TAKASHI

ご意見番
幼少の頃よりサポートを受け、数々のバス釣り大会にも出場。ルアーショップのスタッフの経験、そしてパンクロックイベントの主催や元レコードショップオーナーという異色の顔を持ち、個性の強すぎるアングラーズマーケットCREWのご意見番として君臨。
  • Instagram
伊藤康道

伊藤康道

和尚さんアングラー
室町時代から続く由緒正しき某お寺の32代目。京都の大学に行ったのがキッカケで、バス釣りの魅力にさらにハマり、仏教界では数少ないアングラーとして、デカバスを求めて琵琶湖上に立つ。また、カブトムシやクワガタ捕獲の名人でもある。
  • facebook
  • Instagram
カワキーター

カワキーター

dragonace
琵琶湖に毎週末通うカワキーターことガイド名『Dragon Ace』。愛艇はもちろんスキーター。琵琶湖歴28年ボート歴12年。パワーポールを増やし、さらに目立つようになったのがプチ悩み。駐艇を嫌いボートを引っ張るアメリカンスタルにこだわる漢。
  • facebook
  • Instagram
RYUTA

RYUTA

STRONG STYLE
日本を代表するPUNK ROCKバンド『STRONG STYLE』のDrums。
バンド活動と並行して、バス釣りにも勢力的に取り組みヒマさえあれば琵琶湖 南湖へ出撃。彼が起こす天変地異は吉田現象とも称される。CREW NO.1の大食漢でもある。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
2G

2G

シーバスハンター
某釣具店には2Gモデルやカラーなどが推薦される。ルアー選択、レンジコントロール、コース取りを的確に行いキーパーサイズを年間250本以上を釣り上げる。オカッパリ、ウェーディングが主体。今宵もさらなるBIGシーバスを求めて名港を釣り歩く。
  • Instagram
  • BLOG
村上智哉

村上智哉

カメラマン
アングラーズマーケット専属カメラマン。幼い頃、バス釣りに出会ったことで、自然やアウトドアに魅了される。現在はトップウォーターの釣りに目覚め、釣果よりもプロセスを重視。所有するカヌーで釣りやキャンプを楽しみながら撮影を行っている。
  • facebook
  • Instagram
より和田

より和田

美漁師
生粋のお魚好きとして、バス釣りやジギング、名港ソルトゲーム、名古屋近郊のナマズや雷魚など、ルアーで釣れる魚は何でも狙う名古屋在住の美漁師(美容師+漁師)。三重県のごく普通の河川で、64cm(5700g)のバスを釣ったことが自慢。
  • facebook
  • Instagram
  • BLOG
深沢アキラ

深沢アキラ

芸人
某有名芸能事務所をクビになりフリーで活動する名古屋芸人。下ネタを得意とし体を張る芸で数多くのTVやLIVEに出演。芸人アングラーNo.1を目指し東濃野池を中心にほぼ毎日釣り歩く。最近はライブを行うより、釣りに行く回数が多くなっている。
  • twitter
  • Instagram
徳永海人

徳永海人

ANGLERS MARKET
幼少期より父親の厳しい英才教育を受け、釣りにライフスタイルのすべてを捧げる平成生まれの将来有望な、若いのにちゃんと空気の読める釣り師。五三川などの陸っぱりをメインに、得意のフロッグを駆使しながら、独自のスタイルを確立している。
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
大村拓真

大村拓真

ANGLERS MARKET
名古屋の誰もが羨む高台の一等地に住むブルジョワアングラー。琵琶湖でのボートフィッシングをメインにしながらも、船舶免許の取得に4回も失敗するという(爆笑)なかなかの強者。スワンプクローラーのネコリグが彼の必殺のSPECIALメソッド♪
  • twitter
  • facebook
  • Instagram

SPECIAL

小川健太郎

小川健太郎

TULALA
  • WEB
白川総裁

白川総裁

DRT
  • WEB
原田幸也

原田幸也

JFLCC
  • WEB
冨本タケル

冨本タケル

琵琶湖PROガイド
  • WEB
高井主馬

高井主馬

Rattytwister
  • WEB
小崎圭一朗

小崎圭一朗

deps
  • WEB
八木厚昌

八木厚昌

ペットショップ Remix
  • WEB
TAKA

TAKA

lure angle HAMA店長
  • WEB
Y’S

Y’S

ysm23
  • WEB
疋田星奈

疋田星奈

Megabass
  • WEB
B U

B U

バサーズユナイテッド
  • WEB
高橋正樹

高橋正樹

トルシープガレージ
  • WEB
荻原香

荻原香

ハヤブサLADY
  • WEB
雑男

雑男

レッドヘッド
  • WEB
梅本まどか

梅本まどか

タレント
  • WEB
水谷明良

水谷明良

BOZLES
  • WEB
DWS

DWS

ディケイドワークス
  • WEB
安藤 吉彦

安藤 吉彦

A.H.P.L.
  • WEB
まーも

まーも

加木屋守
  • WEB