3日午後、島根県出雲市で、磯釣りをしていた岡山県の男性が、雷に打たれ死亡しました。 釣り竿にはカーボン製のもが多く、雷が落ちやすいとして、海上保安部などが注意を呼びかけています。 警察や海上保安部によりますと、3日午後3時ごろ、出雲市大社町日御碕付近の沖合350メートルほどの磯場で、釣り客を迎えにいった渡船業者から「男性客が海に浮いている」と消防に通報がありました。 午後3時半ごろ、男性は心肺停止の状態で救助されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。 死亡したのは岡山県倉敷市の51歳の男性です。 この男性は午前5時ごろから、1人で磯場で釣りをしていたということです。 警察によると検視の結果、落雷が原因で死亡したことが分かったということです。 3日の山陰地方は、南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となり、全域で雷注意報が出ていました。 境海上保安部によりますと、一般的に、釣り竿は長い上に、カーボン製のものが多いことから、特に雷が落ちやすいのだと言います。 海釣りはもちろんのこと、川でのアユ釣りでは、天気がさらに急変しやすい山あいに釣り場も多いことから、特に注意が必要としています。 釣り具メーカーのがまかつは、「カーボンロッドは避雷針のようなモノ。使用中、雷が発生したときは釣竿をただちに仕舞込むか、釣竿からすぐに離れるようにして下さい」として、ホームページなどでも落雷による感電事故への注意を呼びかけています。
国産ドローンで空から魚群を探す実証実験が6月30日、神奈川県横須賀市長井の沖合で行われた。飛行艇型のドローンを漁船から発進させ、「鳥山」と呼ばれる魚群の真上に集まる海鳥の群れを追うもので、地元漁師は「効率的に探せるようになり、燃料の節約にもつながる」と期待を寄せていた。   川崎市などでドローンを開発する「スペースエンターテインメントラボラトリー」などが実施し、県と市、地元の長井町漁業協同組合が協力した。 実験では全長2メートル、重さ18キロのドローンを漁船で沖合に運んで離水。海面から50~100メートルの高さで飛ばし、ドローンのカメラから送られる映像を見ながら、鳥山を探した。その後、報道陣向けにデモ飛行を行った。  実験に使われた漁船の漁師、梶ケ谷涼さん(29)は「現在は双眼鏡で魚群を探しているが、ドローンを使えればもっと効率化できる」と話していた。 
近年釣り人の間で注目を集めている100円均一ショップの釣具。商品ラインナップが豊富で、ルアーやオモリはもちろん、ロッドまで販売されていて、使用している釣り人も多いのではないだろうか。 そんな100円均一ショップで販売されている釣具のなかには、釣りを快適に楽しめるような便利なグッズもある。 そこで今回は、100円均一ショップで購入できるおすすめの便利グッズを紹介する。 100円均一ショップでは釣りに便利なグッズが豊富に販売されている。どれも魅力的なアイテムばかりだが、そのなかから特におすすめの商品を5つ紹介する。 ●ロッドを束ねるのに便利な「ロッドベルト」 セリアから販売されている「ロッドベルト」は、ロッドを束ねて持ち運ぶときに使用したいアイテムだ。110円(税込)で1本入りなので、グリップ側と竿先側の2箇所を束ねると安心なので、2本購入しておくとよりロッドをしっかりと固定できる。   使用感は低価格でも問題なく、しっかりとロッドを束ねられ、しかもずり落ちにくい。釣具店でロッドベルトを購入すると1000円前後するので、本商品はまさにコスパに優れているといえる。 ●リールに傷をつけずに運搬できる「リールケース」 セリアではリールを運ぶときに使用する「リールケース」が販売されている。リールケースの生地にはクッション性があり、リールに傷をつけずに持ち運べる点が魅力的だ。  最大の魅力は、ロッドにリールをセットした状態で使用できること。リールをタックルボックスに入れて運ぶときはもちろん、ロッドにリールをセットしたままでの長時間移動にも最適だ。  リールケースにはサイズのラインナップがあり、なかには小型電動リールを収納できるサイズも。ご自身がお持ちのリールのサイズに合わせて購入してみてほしい。 ●釣れた魚の長さを測れる「魚計測用メジャー」 同じくセリアでは釣れた魚の長さを計測できる「魚計測用メジャー」も販売されている。釣具店では3000円ほどで売られているが、本商品はもちろん110円(税込)とコスパ最強だ。  本商品の魅力はなんといってもコンパクトに巻いて持ち運べること。釣り用のメジャーは持ち運びに不便な場合がある。しかし、このメジャーは持ち運びに非常に便利だ。  また数字が大きく、見やすい点も魅力といえる。セリアで見かけた際にはぜひ購入してみてほしい。 ●ラインを切るのに便利な「ラインカッター」 ダイソーで販売されている「ラインカッター」は、ナイロンラインやフロロカーボンラインをカットするのに便利。非常にコンパクトながら、ラインをしっかりと切断でき、仕掛け作りやルアー交換時に使用できる。  PEラインは引っ張りながらであればカットできるが、やや切れにくい印象だ。そのため、パッケージに記載されている通り、ナイロンラインとフロロカーボンライン専用と考えて良いだろう。しかしながら切れ味は良く、さまざまな場面で役に立つのでおすすめだ。
番組では櫻井翔(嵐)と有吉弘行に全国各地の料理や食材をゲスト自ら配達員となって届ける新企画「YakaEats」を実施。配達員は大の魚好きの山田が務め、東京湾で1年に1カ月しか捕れない白子付きのショウサイフグを釣りに行く。 一方、「SASUKE」常連の岩本と樽美酒は、背徳感のある高カロリーなグルメを実食。「SASUKE」のために8年間食事制限をしている樽美酒が選ぶ“No.1チート飯”とは??
UUUM株式会社とAnyMind Group株式会社は「ARAKA」と「NEW ERA®」のコラボアイテムを6月25日18時からARAKA公式オンラインストアにて販売することを発表した。  「ARAKA」は、”大自然を、遊び場に。”をテーマに、佐賀県を拠点に活動するインフルエンサー「釣りよかでしょう。」がプロデュースするアウトドアブランドである。 今回のコラボレーションアイテムとして、キャップとハットの2商品が発売される。この2つの共通ポイントは撥水性、防水性、透湿性を兼ね備えた高機能性素材ブリザテックの採用。内側は接触冷感タイプ生地のため、着用時の蒸れや不快感が軽減されるそうだ。またウォッシャブル仕様で、汗や汚れが付いてもアフターケアが簡単になっているという。サイドには「ARAKA」と「NEW ERA®」のロゴが生地と同色の黒ででデザインされた。
コロナ禍で注目が集まっているキャンプ。テントや寝袋以外にも必須の持ち物が、調理器具です。ただ、ナイフや刃物の扱いをめぐっては、十分注意も必要です。 弁護士ドットコムには、車にキャンプ用のナイフを積んでいたことで警察から取り調べを受けたという相談が複数寄せられています。 <警察官が防犯のための巡回中、車で休んでいる私を見つけて、声をかけてきました。私はそれに素直に応じ、車の中も見せました。キャンプに行くために積みっぱなしにしていたバッグを開けられ、その中にナイフ2本が入っていました。 キャンプのために入れていると伝えたところ、「今日、キャンプに行く用がないのに、それを積んでいては所持に当たってしまう」と言われ、警察署まで一緒に行って取り調べを受けました> <車にキャンプ道具と釣り道具を車に積んだままにしてしまい、薪割り用の斧一本と刃渡り10センチの血抜き用のナイフが見つかりました。警察署に同行し、書類を書き、正直に一カ月前にキャンプで使ってそのまま積んでいたと説明しました。ものすごく反省しています。起訴されるのでしょうか?> キャンプ用に積んでいたものであっても、銃刀法違反に当たるのでしょうか。清水俊弁護士に聞きました。 ●ナイフを車やカバンから出すことが基本 ――そもそも、どのような刃物を所持すると、銃刀法違反に当たりますか。 まず、銃刀法(銃砲刀剣類所持等取締法)は、一定の許可や職務上必要とされる場合を除いて鉄砲や刀剣類を所持することを禁止しています。 「刀剣類」とは、刃渡り15センチメートル以上の刀や、刃渡り5.5センチメートル以上の剣などを言います。 そのため、キャンプ用のナイフや包丁などはこの「刀剣類」にあたらず、所持することに問題はありません。ただ、刀剣類にあたらない「刃物」についても、刃体の長さが6センチメートルを超えるものについては「業務その他正当な理由」なく持ち歩くことが禁止されています。 ――今回の相談者のように取り調べを受けた場合、起訴までされてしまいますか。 事例のような場合、おそらく銃刀法の「刃物」に該当するため、「業務その他正当な理由」があるかが問題となります。 キャンプで使ったものが入れっぱなしだったということなので、携帯していた時点で正当な理由があったとは言えないかもしれませんが、犯罪目的や悪質性があまり見受けられないため、起訴まではされないと考えられます。 ――どのような対策が考えられますか。   事例の場合も片付けていれば問題にはならなかったでしょうから、キャンプから帰ってきたら、すぐにナイフなどの道具を車やカバンから出すことが基本です。 また、手ぶらでバーベキューやキャンプができる場所もありますので、道具貸出はそういう意味でも気楽だと言えます。 使う道具を銃刀法の規制以下の刃体のナイフやはさみなどにすれば、銃刀法対策にはなります。ただ、そういった刃物も、「正当な理由」なく隠し持っていた場合には軽犯罪法に抵触し得ますので、職務質問等で見つかれば、事例と同じように事情聴取等をされるおそれがあります。
もっと読む

"アングラーズマーケット"は、一般の釣り愛好家が、
使わなくなった釣具・アウトドア用品を
フリーマーケット形式で出店し、
釣り人同士が積極的に交流を深められるイベントです。

フリーマーケットを通した釣り人同士の交流の場

自宅に眠っているルアーがお宝に代わるチャンス

宝探し感覚で掘り出し物を探すワクワク感を提供

メーカー・ショップにとっては在庫処分の機会

個人ルアービルダーなどが作品・商品を見てもらう場所

リユースの精神を広め地球・自然に優しいことを考える

チケットの購入
出店申込み
よくある質問
アクセス

毎月第1・第3日曜日、早朝6:00〜6:30

"釣り"をキーワードに、業界で頑張るキーマンをお迎えしマル秘な裏話を井戸端会議的に伺います。メインパーソナリティはKatsuu(Megabass)、アシスタントは梅本まどか(元SKE48)が努めます。不定期で釣り大会も開催しています。

過去の収録一覧はコチラ

イベントの開催告知やその裏側はもちろん、CREWの日々の釣行日記などを、
時に面白おかしく、時に熱くまじめに綴っています。

ブログ一覧はコチラ

アングラーズサミットだから手に入る限定アイテムやコラボアイテムなどを販売しています。僕ら自身が使いたい! 持ちたい! そんなアイテムだけを厳選して販売しています。

COMMING SOON...