ANGLER PICKS

『釣り★スタ』がNintendo Switchでリニューアル!!!

WFS(Wright Flyer Studios)は、Nintendo Switch向けDLタイトル『釣りスタ ワールドツアー』を2019年1月31日に配信すると発表した。価格は2680円(税込)。また、あらかじめダウンロードが本日よりスタートしている。  『釣りスタ ワールドツアー』は、グリーが運営している『釣り★スタ』をベースに、さまざまな要素をNintendo Switch向けにリニューアルしたフィッシングゲーム。従来のシリーズとは異なり、Joy-ConやToy-Conで釣り体験を楽しめる点が特徴となっている。なお本作は、『ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ』や『消滅都市0.』などスマートフォン向けアプリを開発しているWFSの初家庭用ゲーム機向けタイトルとなる。  本作の原点となる『釣り★スタ』は2007年5月24日よりサービスが開始されているモバイルソーシャルゲームだ。当初はフィーチャーフォン向けに展開が行われており、2011年にスマホ版がリリース。2015年はTVアニメ「北斗の拳 イチゴ味」とコラボを行いサウザーの人面魚が登場したりと、11年以上も続いているだけあって歴史は深い。2018年12月10日には新バージョンアプリ(ver3.2.4)が登場しており、まだ健在である。  Nintendo Switchで登場する『釣りスタ ワールドツアー』は、「わらび川」や「くず湖」などシリーズで馴染みある要素を引き継いでおり、40ヵ所の釣り場や70種以上の道具を活用し、180種以上の魚のフィッシングを楽しむことができる。各エリアには特別な魚「ヌシ」が潜んでおり、それらを釣りながらさかな図鑑を埋めていくのも魅力のひとつとなる。  ゲームシステムとしては、糸が切れないようにテンションゲージを管理しながら魚を引き寄せることが重要となる。自分のロッドをあわせるとテンションゲージが下がる「ロッドゴースト」や、魚との距離を縮めることができる「チャンスサークル」などを活用することが重要とのこと。  Joy-Con2本持ちでロッドとリールのように操作することも可能なほか、携帯モード、Nintendo Switch Proコントローラーなどにも対応。『Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit』に収録されているつりToy-Conを使うと、船を走らせながら釣りをする「トローリング」を疑似体験できるミニゲームを遊ぶことができる。  なお日本でのニンテンドーeショップでのあらかじめダウンロードが開始されたほか、店頭にて購入できるダウンロードカード版、各ECサイトにて購入できるオンラインコード版も順次取り扱いが開始されるとのこと。

TAG