ANGLER PICKS

クルマの屋根に取り付けられる「ルーフデッキ」は、あとちょっと荷物積みたい時の救世主

釣りやキャンプにハマったはいいけれど、いつの間にか増えていく荷物。家族のキャンプ道具に加えて、ちょっと大きなバーベキューコンロに、ハンモックに、釣り道具に…全部持っていきたいけど、クルマのトランクはパンパンでどうしよう。 そんな時の救世主が、クルマの屋根に取り付けられるルーフデッキ。カーメイトのルーフキャリアブランド・INNO(イノー)より新発売の「INNO ルーフデッキ120(INA515)」(7万7000円)は、欧米で人気のオーバーランダースタイルをイメージした、まさにアウトドアにぴったりなデザインのフラットデッキです。 これまでラインナップされていた、ライズなどの小型SUVに対応した1000mm幅の「INNO ルーフデッキ100」、ランドクルーザーなどのクロスカントリー4WDに対応した1400mm幅の「INNO ルーフデッキ140」に加え、要望の多かったRAV4やCX-5などのミドルサイズSUVに対応した、1200mm幅のルーフデッキが今回登場しました。 「INNO ルーフデッキ120」には、軽量でサビにも強い極太アルミフレームが採用されており、アウトドアでも安心して使用できます。

TAG