ANGLER PICKS

「おじぃになっても釣りがしたいから」ごみ拾い続ける高校生2人がCMに❗️

[ひろがる明日 SDGs]  沖縄県中城村在住の古謝真南斗(まなと)さん(15)=美里工業高1年=と伊野波有志(ゆうじ)さん(15)=北中城高1年=が7月1日、公共の啓発CMを手掛ける公益社団法人「ACジャパン」のCMに出演する。2人は中城中学校で「釣り部」を名乗り、釣りざおとビニール袋を持ち歩いてごみ拾いを始めた。「俺たちはただ、おじぃになっても釣りがしたいだけなんだよな」。中学時代につぶやいた言葉は今後2年間、沖縄県内のテレビやラジオで紹介される。 本紙は昨年3月9日紙面で2人の活動を紹介。記事を見たアドスタッフ博報堂(那覇市)の福井啓示さん(49)は「背伸びせず、自然体でやっている少年たちの姿が魅力的。中城の景色と一緒に、ありのままを撮りたい」とACジャパンに企画を持ち込んだ。国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)の視点からも、2人の活動を発信したいと考えたという。  ACジャパンの2021年度地域キャンペーンのテーマは「沖縄の宝を大切に」。福井さんの提案は、県内7社の広告代理店が応募した33作品の中から選ばれ、今年4月に中城村内で撮影された。  CMでは、鼻にストローが刺さったウミガメの動画が2人のごみ拾いのきっかけになったことを紹介。「沖縄の宝、その『美(ちゅ)らさ』を守るのは、私たちです」と訴える。  記事に載った時よりも背が伸び、声変わりした2人。CMの撮影現場では慣れた手つきでごみ拾いをし、砂浜のペットボトルや履き捨てられた靴などを集めた。相変わらず減らないごみを前に、伊野波さんは古謝さんにおどけて言った。「俺たちが腰を痛めるのが先か、海がきれいになるのが先か、だね」 本当に素晴らしニュースだと思います。  CMは7月1日の午後以降、ACジャパンの「地域キャンペーン」のサイトからも視聴できる。

TAG