ANGLER PICKS
一目見てわかる、桁外れのサイズ感と重量感。一投目でわかる、強烈な集魚力とフラッシング。どれをとってもすべてが規格外の大きさのメガロドーン。メガロドーンを手掛ける秦拓馬は“スピナーベイト型ビッグベイト”と評しました。その言葉通り、#12(1.5oz)や#15(2oz)という超巨大サイズのブレードが発生する波動とフラッシングは、ビッグベイト並み、もしくはそれ以上の集魚力を備えています。一方でその超巨大ブレードは引き心地の軽さも併せ持っています。見た目から受ける印象とは裏腹に、リトリーブの快適さも実現しています。 ・1~2mのシャローレンジをファーストリトリーブでリアクションバイトを誘う。 ・3~4mのミディアムレンジをテンポよく攻める。 ・7~8mのディープレンジをスローリトリーブで魅せて喰わせる。 ・スナッグレス性能を活かし、ウィードやストラクチャー周りを積極的に攻める。 など、メガロドーンは従来のビッグベイトには不可能だった攻めを可能にします。使い手次第で唯一無二の強力な武器となりうるアイテムこそがメガロドーンです。 「JACKALL オフィシャルWebサイトより」
バス釣りのプロアングラーが釣るためにこだわり抜く本当に使いたいルアーを作るため独立!ルアー制作のための巨大水槽を購入します! 流石は釣り界の貴公子!!! 好青年で圧倒的なカリスマで釣人を魅了する川村氏 予想想定額の900%は達成してしまうんじゃないかと言われております。 現在(11/24)の段階で ¥8.200.000- 越え 新しく立ち上げるブランドから目が離せません!!!!!!!!! _____________________________________________________________ こんにちは。川村光大郎と申します。ブラックバス釣り(通称バスフィッシング)におけるプロアングラーとして活動しております。9年前にルアーメーカーO.S.Pに入社。バスフィッシングで用いられるタックル(釣り竿や釣り針、ルアーなどといった釣り道具)の開発にも携わり、今年7月に独立へ向けて退社しました。 独立後の会社では、ブラックバスをターゲットとしたルアー(疑似餌)や、バスフィッシング専用バッグなど関連商品の開発を行います。私たちの製品を通して、ブラックバスがもっと釣れるようになること。そして、ひとりでも多くの人にバスフィッシングの魅力を知っていただけたら、と思っております。
明日11月24日(木)放送の「ぐるぐるナインティナイン」で 釣りバトルが放送される。 舞台は、日本一深いと言われる海・駿河湾。ナインティナインとゲストたちが2チームに分かれ、釣れた魚の総重量を競う釣りバトルに臨む。宮川は大野拓朗、ローラとともに矢部チーム、小峠はウエンツ瑛士、広瀬アリスとともに岡村チームに。果たして両チームはどれだけ多くの魚を釣れるのか。 <出演者> ナインティナイン / ウエンツ瑛士 / 大野拓朗 / バイきんぐ小峠 / 広瀬アリス / 宮川大輔 / ローラ 
11月19日、猛毒を持つとみられる魚を海で釣り上げて「これから食べる」と予告していた人物が、Twitter上で「たべちゃだめ!!」と忠告を受けて一命を取り留める出来事があった。 カワハギはとても美味しい魚です。そして肝なんて超絶品です。薄切りを肝醤油なんて 頑張って釣ったご褒美ですよね!!! 海は食べれる魚種が豊富だけに、お魚の知識も必要ですね〜〜 綺麗な華にはトゲがある。 綺麗な魚には毒があるのもいる。
琵琶湖で真珠がとれることを、みなんさはご存知ですか? かつては琵琶湖で豊富にとられ、ヨーロッパを中心に人気を集めた伝説の真珠。その後、琵琶湖の水質汚染などの影響で姿を消していましたが、今、再び“琵琶湖真珠”がその輝きを取り戻しつつあります。確かに琵琶湖では、真珠養殖棚をよく見掛けます。5号水路の奥や赤野井湾。アレが真珠養殖施設なのでしょうか?
東京湾遊漁船業協同組合主催のメバル稚魚約1万3000尾の放流事業が行われました。1万3000匹放流した中から何匹が尺メバルと呼ばれるように成長して、何匹が釣り人に釣り上げられるんでしょうか?そして煮つけは何人分?と色々と妄想が膨らみます♪

TAG