ANGLER PICKS
「パタゴニア(Patagonia)」が、食品ブランド「パタゴニア プロビジョンズ」の日本での展開を本格的に開始。天然魚だけを捕獲して加工したスモークサーモンや果実、穀物と野菜入りのスープミックスなど、オーガニック認証済みの材料にこだわった商品ばかり。アウトドアシーンで先駆けて導入すれば、周囲からの注目度も高そうです。
スーパームーンは地球を楕円(だえん)軌道で回る月が、地球に最も接近した日が満月と重なる現象。 14日は午後8時21分に最接近し、同10時52分に満月となった。今年は68年ぶりの近さとなるため、ひときわ美しい月夜が期待されたが、全国てきに曇りだった。次回見れるとしたら18年後の2034年になるという。 今宵の夜釣りは各魚種ともスペシャルチャンスありそうですね!!!! 68年ぶりの特別な大潮って事でもあるので 狙っていたスーパーサイズに期待したいですね!!!!
ワカサギといえば冷水性というイメージが強いため、厳冬期の氷上湖穴釣りがよく知られているけど、実は北は北海道から南は九州まで生息しているポピュラーな魚。 とは言うものの、釣り場環境としては東日本・北日本が充実しているのに対して、関西圏では最近まで釣り場が極端に少なかったため、釣り対象としてほとんど認知されていなかったっていうのが数年前までの話 最近になって関西圏のワカサギ釣り場が劇的に増加・再整備され、人工孵化器装置の導入などで今では4県9か所でワカサギ釣りが楽しめるようになったのだ。今ではワカサギ釣り人口も次第に増えて、いま注目の釣りになりつつある。 数にこだわってテクニックを磨くもよし、秋冬のファミリーで楽しめる釣りレジャーとして家族サービスするもよし、関西の釣りモノのひとつとして今後ブレイクすること必至! もちろん釣り初心者にもオススメだ。今回は、そんな誰でも楽しめる関西圏のワカサギ釣り場を紹介しよう。いよいよワカサギシーズン到来、要チェック。
<女子ゴルフ:伊藤園レディース>◇第1日◇葭葉ルミ(23)は4バーディー、3ボギーの70で暫定首位。朝からの雨もあって、この日は6ホールでティーグラウンドが変更になり、練習ラウンドと残り距離が違うなど「初めてのことが多かったが、逆によかったかも」と集中力がつなげたという。  この日は降雨によるコース状態不良のため、スタートが2時間半遅れたたが、待つ間は「DVD見てました。釣りの…。見ながら雨がやむのを待っていました」。実は葭葉の趣味の1つが釣りだ。 ゴルフも釣りも得意な彼女の今後に大注目!! 気になるのは "何?誰?"のDVDを見ていたかですね!!!! 首位なのでこのまま優勝して目指して頑張ってほしいです。
熱狂的なファンも多い「deps」のメンバーズイベントが名古屋で開催されます。釣り場やWEB上でしか接点のなかったあんな人やこんな人が集結。飲んで、食べて、ワイワイガヤガヤ楽しむ親睦会のようです。
T.D.バイブ(DAIWA)、VIBRATION-X SMATRA(Megabass)、BUZZER BEATER(EVERGREEN)、という冬の一軍バイブレーションに追加したくなるプラグです。”異次元の飛距離”を是非とも試してみたいです♪

TAG