ANGLER PICKS
琵琶湖草津湖岸のシンボル『くさつ風車』が取り壊される事になりました。 烏丸を象徴する風車を代名詞に釣り人やサイクリングする方達の目印ともされ 皆様に愛されていた風車が消えてしまうのはとても寂しく残念です。 完成時は国内最大級で、高さ95メートルある風力発電施設「くさつ夢風車」(滋賀県草津市)の解体工事が28日始まり、直径70メートルもある3枚の巨大な羽根が取り外された。 市が琵琶湖岸に約3億円かけ設置したものの風不足に悩まされ、あえなく夢破れた。  夢風車は草津市が「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」の補助を受け、2001年に3億円をかけて設置した。支柱を合わせた高さは95メートル。出力1500キロワットは完成当時、1基としては国内最大級とされた。  相次ぐ故障や風力不足に悩まされ、稼働後5年は黒字だったが、2006年度からは維持管理費が発電量を金額に換算した額を上回る「逆風」に。建設費を含む赤字は約2億5千万円に達した。昨年で耐用年数を迎えたため、市が撤去に踏み切った。  解体工事は2月下旬まで続く。支柱は高さ約3メートルを残し、4月末にモニュメントとして生まれ変わる。 なぜ撤去に? 甘かった想定  建設時の計画はどうだったのか。草津市によると、風速の想定は毎秒4・4メートル。近くの水資源機構琵琶湖開発総合管理所湖南管理所の塔にある風速計のデータを、NEDOが定める計算式に当てはめて算出したが「式と現実の差があった」(環境課)。実際は2・9~3・7メートルで、発電量は見込み量の27・8%にとどまった。収支に関しては、耐用年数を見越した撤去費用は計上せず、昨年度末までに1億1千万円の黒字を見積もっていた。審議会では「見通しが甘かったのでは」と指摘する声も。  また、庁内組織の評価委員会で決まった機種はドイツのファーランダ社製。同社はその後倒産し、部品調達の困難さも足かせとなった。
女性だけでアウトドアを楽しむ「女子キャンプ」が流行中です。SNSでアピールしやすいよう、テントをおしゃれに飾ったり、カフェのような料理を作って楽しむ人も多い女子キャンプ。そんな中、最近は冬に行う女子キャンプが人気なのだそう。  確かに夏と比べると虫もいないし、空気が澄んでいるのできれいな星空も見えると良いこと尽くしですよね。とはいえ、女性だけで冬にキャンプをすると準備のハードルが高そうです。道路も凍りやすいので運転するのも一苦労かも……。  そんな中、都会で手軽にキャンプの雰囲気を楽しめるお店がオープン。都会の中心で焚き火をしながら料理が食べられるって、どんな感じなのでしょうか。大阪西区エリアの「焚火屋 火火(たきびやびび)」というお店へ、色々気になりながら行ってきました。  お店は川沿いの中之島漁港のエリアの一角にあり、お店のスペースには3つの焚き火が用意されています。焚き火を囲むように置かれた椅子には10人ほどが相席で座るようになっています。いざ焚き火を始めるのですが、火おこしが難しそう。しかし、ここはスタッフが準備してくれるので安心です。希望があれば指導の元、自分たちで火おこしをすることも可能だそうです。これなら焚き火ビギナーでも安心して楽しめますよね。  さっそく、焚き火を使った料理をいただきます。お店のメニューはカマンベールチーズ、ウインナー、焼きしいたけ、マシュマロなど焚き火を使って楽しめるものばかり。チーズやウインナーはバーベキュー用の串に刺し焚き火にかけて焼くことができます。他には焼きいもやじゃがバター、焼きりんごなど、直接焚き火に入れるメニューもありました。  筆者が注文したのは焚き火で熱燗ができる日本酒、その名も「焚き火」。飯盒(はんごう)を焚き火にかけて熱燗を作るので寒空の下でもずっとアツアツの日本酒を飲めました! 料理は鍋をオーダー。焚き火でじっくり調理した鍋は、魚介ダシの旨味がたっぷり出ていて美味しかったです。熱燗も飲んで大分身体が暖まってきました。 ◆隣人との距離感が心なしか近い!  今回、焚き火を体験して驚いたのは相席をしている人達とたくさん喋ったことでした。同じ火を見るということで、初対面の相手とでも距離が縮まるような気がします。これは下手な相席居酒屋よりも効果がありそうです。さらに驚いたのは、ずっと外にいたのに寒さをまるで感じなかったこと。この日の気温は5度でしたが、顔も火照って熱いほどでした。  夏に行うBBQと違い、暑さで食欲がなくなることがないのも冬キャンプの魅力。冷えた身体に温かい料理が染みます。防寒対策用や焚き火のニオイや火の粉がつかないようにブランケットもレンタルできるので、手ぶらでも行けるサービスもたくさんあることが都会キャンプやBBQの嬉しいところですよね。  都会で手軽にキャンプ気分が味わえるお店。焚き火を扱っているお店は現在大阪のみですが、都内や他の地域でも流行るかもしれません!
三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの山下健二郎(33)が18日、神奈川・パシフィコ横浜で行われた『ジャパンフィッシングショー2019』に出席。釣りファンの拡大とイメージ向上に貢献した著名人に贈られる「クールアングラーズアワード」を受賞し、「『ダウンタウンDX』でも釣り好きを言っていたので、やっと釣り業界に想いが届いた!」と喜びながら「(三代目 J SOUL BROTHERSのメンバーへの報告は)興味ないと思うんですよね。みんな無趣味、つまらない」と笑わせた。  ラジオ・情報番組のメインパーソナリティーや役者としても活動し多忙な中、SNSなどを通して釣りの楽しさを発信し今回の受賞に繋がった山下。昨年放送された『ダウンタウンDX』では釣りのことを熱弁するあまり、浜田雅功から「おまえ、ええ加減にせなアカンで!」とツッコミが入る一幕もあり「去年辺りから(釣り好き)アピールして、やっと取れたなという感じ。かなり釣り業界に貢献している方だと思っているので受賞できてうれしいです」とにっこり。  前から同アワード受賞を切望しながらも、中々受賞できなかったことについて「自分の知名度がまだまだだったからかなと。去年、『ZIP!』のメインパーソナリティーを務めたり活動の幅が広がり知られるようになったから、今回受賞することができたと思います。今までの仕事のおかげです」と日頃、お世話になっている仕事のスタッフやファンに感謝の気持ちを伝えた。  今回のアワード受賞を「三代目 J SOUL BROTHERSのメンバーに報告するのか」と聞かれると「興味ないと思うんですよね」と苦笑い。「みんな無趣味でつまらない。多趣味なのが僕なので、自分だけで喜びをかみ締めたいです」と話した。  釣りにハマったきっかけは「小学3年生のころに釣りブームが起きた。『コロコロコミック』の『グランダー武蔵』がクラスの中でブームになって、みんなで釣具屋に行って始めたのがきっかけ」と振り返り「登場キャラのミラクルジムが村田基さんだったり…、あ、知らないですよね」と女性ファンを笑わせた。  ルアーフィッシングを中心にやっているそうで、「好きな釣りの種類は95%(ブラック)バス釣り、ルアーフィッシング。冬はシーバス(スズキ)釣りをしています。国内も行きますが、テキサスなど海外にも行きました」と熱弁し「今後は相模湾でキハダマグロを釣りたい。マグロはやってみたいですね!」と意気込んだ。  同アワードは2006年から制定しており、過去の受賞者には保阪尚希、田村亮、杉浦太陽、ローラ、工藤静香などが受賞。『ジャパンフィッシングショー』は、釣り具メーカーが最新製品を展示するほか、釣りをしたことのない女性や子どもに向けて体験型コーナーを設置している国内最大級の釣りイベント。20日までパシフィコ横浜で開催される。 ■「クールアングラーズアワード」過去の受賞者 2006年:保阪尚希 2007年:田村亮 2008年:森下千里 2009年:つるの剛士 2010年:塚本高史 2011年:杉浦太陽 2012年:misono 2013年:吉澤ひとみ 2014年:清木場俊介 2015年:該当者なし 2016年:ローラ 2017年:該当者なし 2018年:工藤静香
キャンプなどでエアマットに空気を入れたり抜いたりするときはもちろん、旅先や家での収納にもエアポンプが1台あると便利なんです。 【記事の全画像】浮き輪50個が膨らむパワー。圧縮やスマホの充電もできるポケットサイズの充電式エアポンプ ポケットサイズの見た目からは想像できないパワフルさを備えたエアポンプ、『Max Pump 2』をご紹介します。 浮き輪50個の空気を入れられるパワフルさ エアベッドやバランスボール、ビニールプール…生活の中に空気を入れなくてはならないものってけっこうありますよね。クローゼットに専用空気入れがいくつも転がっていませんか。 このコンパクトなエアポンプなら、空気入れをまとめて引き受けてくれます。1回の充電で浮き輪50個ぶんの空気が入れられるほどのパワーを備えており、上の動画のように素早く空気を入れてくれます。 もともとアウトドアで持ち運びやすいように設計されており、電池ではなく充電式なので電池を用意しておく必要はありません。重量はわずか160gです。 衣類や布団の圧縮にも便利 圧縮パックの空気を抜く際にも活躍します。小さいので、使いたいときに手軽に取り出せますね。 家では布団を圧縮するのはもちろん、今着ているダウンコートやセーターなどもシーズンが終わったら、圧縮してしまえば収納スペースを効率的に使えます。 かさばらないので旅行に携帯して、衣類のかさを減らすのに使うのも良さそう。 スマホの充電もできる なんと機能はエアーポンプだけではありません。スマホの充電もできてしまいます。加えて完全防水(IPX7)なので、天候や環境を気にせず持ち運べるのも嬉しいポイント。 火起こしにも使えるので、キャンプやアウトドアに一つあれば活躍しそう。防災グッズとして、置いておくのもいいですね。 『Max Pump 2』はIndiegogoから購入でき、現在38%オフのセール中(2019年1月11日現在)。30ドル(約3200円)+送料11ドル(約1200円)となっています。
5月にCSチャンネルで放送予定の番組「釣り猿」のオンエアに先駆け、3月3日に東京・雷5656会館 ときわホールでイベントが実施される。 【写真】左から平田裕一郎、林明寛、反橋宗一郎、樋口裕太。(メディアギャラリー他11件) 「釣り猿」は、林明寛、反橋宗一郎、樋口裕太、平田裕一郎、遊馬晃祐といった“ガチで釣り好き”の俳優たちの発案による番組。同番組は5月放送予定のプレ番組を経てレギュラー化を目指している。 放送に先立って開催される3月の「『釣り猿』番組前応援イベント パート1」にも、林、反橋、樋口、平田、遊馬が登場。イベントでは放送予定の“ちょい出し”映像や予告編鑑賞のほか、出演者たちによる過去の釣り自慢や釣りエピソードが披露される。イベントのチケット販売は1月20日にスタート。 ■ 「釣り猿」番組前応援イベント パート1 2019年3月3日(日) 東京都 雷5656会館 ときわホール 出演:林明寛、反橋宗一郎、樋口裕太、平田裕一郎、遊馬晃祐
フィッシングショー2019 in 横浜で1/20まで展示 年中無休でゴリゴリのバイク情報をお届けしている『WEBヤングマシン』だが、今回はちょっと脱線。我々にとって兄弟関係にある”釣り”に関するネタをお届けしよう。 ────────── バイク好きには釣り好きもけっこう多い!?(当社推測) 当社(内外出版社)では、『ヤングマシン』を始めとしたバイク雑誌以外に、クルマや釣りに関する雑誌も発行している。そのうち『ルアーマガジン』等を擁する釣り部門が、横浜で本日より開催されている日本最大級の釣りイベント「ジャパンフィッシングショー2019」にて「ルアマガ」ブースを出展。その一環として、釣り仕様にカスタマイズしたホンダ・クロスカブが展示されている。 そもそも、今回なぜルアマガブースにクロスカブが展示されることになったのかというと、昨年2018年の新型クロスカブ発売後、弊社が刊行する渓流トラウト釣り専門誌『ルアーマガジン・リバー』において、クロスカブを活用した釣行取材企画を手がけることになったのがきっかけ。 この企画を担当したスタッフ・櫻井伸樹氏が自らバイクを駆りつつ野宿キャンプ&渓流釣りを楽しむ姿に、我々一同大いにインスピレーションを受け、その自由奔放なフィッシング&アウトドアスタイルをぜひフィッシングショーで提案したいと考えた次第だ。 バイク×キャンプ×釣りを自由に“クロス“するクロスカブ この釣り仕様クロスカブには、櫻井氏の考える”ライド&フィッシュ”のイメージを具現化すべく、渓流釣りで釣り場にアクセスするための走破性・安全性・積載性を高めることを意識。以下のカスタムパーツをセレクトし、モトショップ・ストラーダ(東京・府中)に製作&チューニングを依頼した。市販パーツのみの簡易カスタマイズとはいえ、なかなかに実用的かつスパルタンな1台に仕上がったのではないだろうか。

TAG