ANGLER PICKS
いよいよ本日から国内最大級のフィッシングイベント『ジャパンフィッシングショー2109』が始まります。 釣り市場拡大、釣りファンの拡大を目的に開催。釣りの啓発活動と社会的地位向上を図る国内最大級のイベント 日本で一番早い開催になり新製品などいち早く情報を公開しております。 アングラーズアイドルが決定したり、釣りにゆかりのある芸能人が来場するなど とても華やかなフィッシングショーといえます!  一年に何度もない最大級のフィッシングイベントに参加して シーズンinに向けて今年のフィッシングライフも楽しくしましょう😇
WFS(Wright Flyer Studios)は、Nintendo Switch向けDLタイトル『釣りスタ ワールドツアー』を2019年1月31日に配信すると発表した。価格は2680円(税込)。また、あらかじめダウンロードが本日よりスタートしている。  『釣りスタ ワールドツアー』は、グリーが運営している『釣り★スタ』をベースに、さまざまな要素をNintendo Switch向けにリニューアルしたフィッシングゲーム。従来のシリーズとは異なり、Joy-ConやToy-Conで釣り体験を楽しめる点が特徴となっている。なお本作は、『ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ』や『消滅都市0.』などスマートフォン向けアプリを開発しているWFSの初家庭用ゲーム機向けタイトルとなる。  本作の原点となる『釣り★スタ』は2007年5月24日よりサービスが開始されているモバイルソーシャルゲームだ。当初はフィーチャーフォン向けに展開が行われており、2011年にスマホ版がリリース。2015年はTVアニメ「北斗の拳 イチゴ味」とコラボを行いサウザーの人面魚が登場したりと、11年以上も続いているだけあって歴史は深い。2018年12月10日には新バージョンアプリ(ver3.2.4)が登場しており、まだ健在である。  Nintendo Switchで登場する『釣りスタ ワールドツアー』は、「わらび川」や「くず湖」などシリーズで馴染みある要素を引き継いでおり、40ヵ所の釣り場や70種以上の道具を活用し、180種以上の魚のフィッシングを楽しむことができる。各エリアには特別な魚「ヌシ」が潜んでおり、それらを釣りながらさかな図鑑を埋めていくのも魅力のひとつとなる。  ゲームシステムとしては、糸が切れないようにテンションゲージを管理しながら魚を引き寄せることが重要となる。自分のロッドをあわせるとテンションゲージが下がる「ロッドゴースト」や、魚との距離を縮めることができる「チャンスサークル」などを活用することが重要とのこと。  Joy-Con2本持ちでロッドとリールのように操作することも可能なほか、携帯モード、Nintendo Switch Proコントローラーなどにも対応。『Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit』に収録されているつりToy-Conを使うと、船を走らせながら釣りをする「トローリング」を疑似体験できるミニゲームを遊ぶことができる。  なお日本でのニンテンドーeショップでのあらかじめダウンロードが開始されたほか、店頭にて購入できるダウンロードカード版、各ECサイトにて購入できるオンラインコード版も順次取り扱いが開始されるとのこと。
一般の釣り愛好家が使わなくなった釣り具、アウトドア用品をフリーマーケット形式で出店し、釣り人同士が積極的に交流を深められるイベント、『アングラーズマーケット2019』が名古屋で開催される。 同イベントは釣り具、アウトドアグッズだけに特化したフリーマーケット。オークションとは異なり、商品を直接手に取って確かめられ、宝探し感覚で掘り出しものを見つけるワクワク感が味わえる。フリーマーケット形体なので値段交渉が楽しめるのはもちろん、消費税も個人間の売買のために不要(一部法人を除く)。また、マーケットを通して釣り人同士の交流が図れたり、個人ルアービルダーなどが作品、商品を披露する場として活用するなど、釣り人にとっては有意義な内容となっている。 さらに、生き物ブースの出店もあるので家族連れでも楽しめるなど、独自の魅力が盛りだくさんのイベントなので興味のある方はぜひ足を運んでほしい。なお、現在出店者も募集中である。 ●開催日時 2019年4月7日(日) 午前10時~午後6時 ●開催場所 吹上ホール(名古屋市中小企業振興会館) 第1ファッション展示場(名古屋市千種区吹上2-6-3) ●チケット料金 大人=前売り1,000円(当日1,500円)/子供(高校生以下)=前売り&当日500円/※幼児は無料 ●チケット発売所 チケットぴあ【Pコード 641-186】 各プレイガイドで購入可能 ●出店申し込み先 株式会社エコセンス・篠原(shinohara@ecosense.co.jp)まで。 ※申し込み締め切りは2月28日(木)。ただし、それ以前でもブースが埋まった時点で締め切りとなる) ●詳細 アングラーズマーケットwebサイト(https://anglersmarket.jp)
琵琶湖で大繁殖し、滋賀県にとって悩みの種の外来魚に異変が起きているという。県全体の外来魚駆除量が今年度、突然激減したのだ。特別な対策をしたわけでもなく原因は不明。「環境に異変が起きた」「網にかかりやすい成魚が減っただけ」。さまざまな憶測が飛び交う中、県は減少の原因を探ることを決め、18日、9月定例県議会に調査費を盛り込んだ一般会計補正予算案を提出した。(川瀬充久)  「こんなことは初めて。原因もさっぱり分からない」。県水産課は首をかしげる。長年頭を悩ませていた外来魚の駆除量が突如として激減したからだ。琵琶湖の外来魚の推定生息量は平成28年度で1131トン。強い繁殖力から既存の生態系を壊すブラックバス、ブルーギルが大半で、ふなずしの材料となるニゴロブナなど在来種が急減するなど、外来魚による食害の影響が大きい。  このため県は、12年度から外来魚駆除を本格化。駆除の大半は地元漁業者による刺し網などでの捕獲で、県が経費を補助し、19年度(県全体の駆除量543トン)をピークに、推定生息量と駆除量を徐々に減らしていった。その結果、昨年度は176トンにまで減少したのだが、今年度は4~7月で駆除量34トン。昨年同期(76トン)の半分以下だった。  県は魚種ごとの駆除実績をまとめていないが、漁業者からは「ブルーギルはほとんど捕れない」との声が多く、減少分の大半はブルーギルとみられている。それを裏付ける“証言”もある。外来魚に詳しい県立琵琶湖博物館の学芸員、中井克樹さん(57)は「今年孵化(ふか)したブラックバスが非常に多いと聞いている」。  ブラックバスの卵や稚魚は、ブルーギルの捕食対象。ブラックバスの孵化が多いのは、ブルーギルに捕食されなかったためとも考えられるというのだ。ただ中井さんも、仮にブルーギルが激減しているとしても、その理由は「心当たりはない」という。ブルーギルは動物食の傾向が強い雑食性で、プランクトンや在来魚の卵も食べる。中井さんは「ブルーギルが本当に減ったのであれば、湖のプランクトンの組成や生態系に変化があるのかもしれない」と状況に注目している。  減少の原因を探るため、県は18日に開会した県議会で、ブルーギルの実態調査費750万円を盛り込んだ一般会計補正予算案を提出した。県によると、今年度捕獲されたブルーギルの大半は稚魚という。県関係者は「小さい魚は網にかかりにくい。駆除された稚魚が多いのなら、逃れた稚魚も多い可能性があり、捕獲量が減っても個体数は変わっていないかもしれない。調査を進めて実態を把握する必要がある」としている。
台風21号が最接近した4日午後、琵琶湖の南湖でわずか2時間の間に水位が約1メートル低下していたことが7日分かった。研究者らは、観測史上最大の強風や台風の低気圧によって琵琶湖の水が北湖へ押し戻されたと分析。「理論上は予想されていたが、これだけ大規模に起こるのは珍しい」と驚いている。  国土交通省の観測によると、南湖の琵琶湖疏水入り口にある三保ケ崎(大津市観音寺)の水位は4日午後2時20分にマイナス25センチだった。その後、水位が下がり始め、午後4時20分にマイナス122センチを記録し、97センチも低下した。大津市では午後2時40分に、この日最も強い最大瞬間風速31・3メートルを記録していた。  原因について琵琶湖博物館の戸田孝専門学芸員は、気圧差と強風が影響した可能性があると指摘。台風の低気圧が北湖の水を引っ張る一方、南からの強風が湖水を北へ押し戻したとみている。  国交省琵琶湖河川事務所(大津市)も同じ見解を示し、「台風の中心が琵琶湖上を通過すると、低気圧の影響で数センチ程度水位が上がることはよくある。だが、今回は逆に水位がどんどん下り、みんなで驚いていた」。当時は瀬田川洗堰(同市)の放流量を操作しておらず、水位変化に影響は与えていないという。  一方、南湖の11倍広い北湖では水位が上昇。高島市では2時間で26センチ上がってプラス7センチ(午後3時)に、長浜市では23センチ上昇してマイナス3センチ(午後4時50分)になっていた。  国交省などによると、1961年の第二室戸台風でも水位が大きく変動し、「瀬田川の水が干上がった」と伝わっているという。戸田学芸員は「小さな湖では水の逃げ場がなく、このような大きな変化は起こらない。琵琶湖のスケールの大きさを感じてもらえる現象ではないか」と話した。
人気お笑いコンビ千鳥がタコ釣りに番組で挑戦する。 「街頭テレビ出没!ひな壇団」。9/8(土)は「三原のタコをゲットせよ!賞金倍増チャレンジ」を放送 【写真をみる】ワンピース・ルフィ気分の千鳥・大悟 同番組は、千鳥(大悟・ノブ)の2人が広島県内のあらゆる所に出没し、広島に住む人々を主役とする「広島県人の魅力発見バラエティー」。6月放送の企画でゲットした5万円を、8月放送の「BACK TO THE 1968!50年前の新聞を探せ!」で、なんと40万円に増やした千鳥。そんな2人にスタッフが提案したのが、さらに倍の80万円がゲットできるという今回のチャレンジ企画。 ルールは「2時間以内に海で二人がそれぞれタコを捕まえて食べれば成功」というもの。千鳥は「この中に味方はおるんか?」とスタッフをけん制。 舞台は、タコの産地として有名な広島県三原市。漁の最盛期は夏、さらにロケ日の8月8日はタコの日だという。島育ちの大悟を擁する千鳥にとっては、余裕のチャレンジと高をくくり三原の街でタコ漁について聞き込みを開始する2人。しかし、三原の人々とのやり取りのなかで、その思惑を打ち砕く衝撃の事実が発覚する。 なんとか協力者を見つけ、いよいよ海に繰り出した2人。漁師の大クセ仕掛けに大悟は「スペシャル版じゃ」、一方のノブは「小学生の仕掛けじゃ」「これじゃ釣れんて~」と両極端の反応を。 自信満々で釣りを開始したが予想以上に苦労する千鳥。さらに新たな刺客も現れる。しかし、残り時間わずかでまさかの奇跡が!? 千鳥の二人は見事80万円をゲットできるのか。番組は9/8(土)昼12:00~中国放送(RCC)で放送される。(ザテレビジョン)

TAG