長引くコロナ禍の中、アウトドアレジャーが大人気。そのなかでも、老若男女楽しめる趣味として人気なのが釣りだ。そして釣りに出かけるうえで欠かせない相棒がクルマだ。 しかし、一言で「釣り」と言っても、川や湖での釣りと海釣りでは、持ち物や目的地周辺の環境がまったく違う。狙う魚やフィールドによってクルマに求められる性能や装備が異なってくるので、簡単に「釣りに最適」と一括りにすることはできない。  そこで今回は、さまざまな釣りを経験してきたフィッシングメディア関係者の意見を踏まえた、釣りのシチュエーションごとにお薦めのクルマを紹介する。もちろん、ここで紹介したクルマ以外でも釣りを楽しむことはできるが、釣りの業界でも実際に使用されているため信頼性が高く、釣り人に特にお薦めできるクルマとなっているので参考にしてほしい。 山の中を流れる渓流での釣りは、細く曲がりくねった山道や未舗装路を走ることになり、駐車できるスペースも限られているので小回りのよさと、悪路走破性の高さが求められる。釣れる場所を求めて上流に向かい、クルマを置いたまま山の中を歩き回るようなシーンも多く、荷物は持ち歩けるだけの最低限にする傾向があるため、他の釣りほどの積載力は求められない。  一方で、魚が活動的になる早朝に釣りをするために日の出とともに山中に入るという人も多く、ボディサイズは控えめながらも車中泊や仮眠はしやすいというのも大事な要素となる。  ■渓流での釣りには「スズキ ジムニー」が一押し  渓流での釣りにマッチするクルマとしてお薦めできるのがスズキ ジムニーだ。ラダーフレーム構造によるオフロード性能の高さはもちろん、リアシートの背面と荷室は汚れや傷に強い樹脂の防汚タイプラゲッジフロアを採用している。  あくまで軽自動車サイズなので快適とはいかないまでも、フロントシートを倒せばフルフラットにもなり車中泊も可能だ。  さらにロッドホルダーだけでなく、フルフラット時のシートの凹凸を軽減するリラックスマットといった釣りや車中泊で重宝する純正アクセサリーも用意されている点もお薦めしたい理由だ。
コロナ禍でブームが再燃した釣り業界に、異彩を放つニュースターが現れた。 明日(あした)ツララ(年齢非公表)。セクシーなコスプレや裸同然の格好でのバス釣り写真を投稿し、そのたびにアンチコメントが殺到する「炎上系釣りガール」である。 「名前は、憧れの明日花キララさんと、ロッドメーカーの『ツララ』をかけて考えました。琵琶湖などの関西のバスフィールドを中心に活動しています」 約3年前に釣りにハマり、いまではインスタのフォロワーは3万人を超え、9本のDVDも発売中。ルアーのプロデュースまで行っている。なぜ、過激な格好で釣りを始めたのか。 「正直に言えば、最短距離で有名になりたかったんです。『釣りガール』は山ほどいて、顔が可愛い女なんて腐るほどいる。その中で目立つには、個性を爆発させてやろうと。アンチが湧くのも想定内です。『魚加工してる』『釣ってない』『ブス』とかめっちゃ言われますが、もっともっと宣伝して! って感じです(笑)」 イロモノかと思いきや、「週5で釣りに行っている」というその実力も確かだ。琵琶湖での取材では、記者の目の前で5分とかからず大物を釣り上げてみせた。 「バスもおじさんも釣りまくる!」と豪語する彼女は、今後も釣り業界を騒がせそうだ。 『FRIDAY』2022年5月6・13日号より
フリーリグメソッドで狙うクロダイゲームを確立して、高い実績を出してきた「チニングの伝道師」こともりぞーさんの連載が、ルアマガプラスでスタートです! 大阪の淀川をホームに活躍するもりぞーさんのチニングスタイルを隔月でお送りします! 【Profile】森浩平(もり・こうへい) 今、大注目のフリーリグチニングゲームを確立したアングラー。ベイトタックルを活用するスタイルで、デイ・ナイトあらゆる状況で釣果を叩き出す。ホームフィールドは大阪の淀川。DAIWAのフィールドテスターとして「シルバーウルフ」ブランド担当を担当。 フリーリグでチニングを展開し始めたのは2015年頃 ルアマガプラスをご覧になっている皆さま。はじめまして。ダイワフィールドテスターとして大阪の淀川をホームに活動中のチニング伝道師「もりぞー」こと森浩平です。 私の代名詞かつ、現在のチニングシーンでボトム攻略を代表する釣法、フリーリグ(フリリグ)メソッド。2015年頃にバスフィッシングで使われるようになった直後、チニングでも試したところ十分な手ごたえをえることができました。その釣果やメソッドをSNSで情報公開したところ、アングラーの間で瞬く間に広がりました。 時速10枚(!)も可能な、フリリグの威力! フリリグのメリットは魚の活性や気象状況に応じた細かいアジャストが可能なことです。シンカーやワームの形状違いでシンカー重量は変えずに飛距離やフォール速度、スタック感を変えられます。押し流されにくいため水流抵抗によるリグの不本意な動きを減らせ、よりナチュラルなアプローチを展開できるんです。 フック選択の幅も広がるので根掛かりエリアはオフセット、砂地エリアはストレートと場所やワームサイズに応じた選択も可能になる、などなど…。状況にピタッとハマる最適解を導き出せば本気喰いの深いバイトが得られ、時速10枚ペースのような圧倒的な釣果を得られることもあるんです! 2022年DAIWA SILVER WOLF新製品公開!! 釣具メーカー各社から様々な新製品が発表され、各種イベント開催の話題も聞こえてくるなどチニングシーンが活気づいている現在、とりわけ注目されているのがDAIWA「シルバーウルフ」ブランドとしてリリースされる各種アイテムでしょう。 強風に激流、コロコロ変わる気象条件をものともせずにルアーをバイトゾーンへ的確にアプローチ。本気喰いの深いバイトに対し的確にフッキングを決め、チヌの強い突っ込みをいなしてネットイン! アングラー主体の積極的なアプローチを的確にアシストし、釣果に結びつけるための最適解として、チニングアングラー皆様に提案するシルバーウルフの新製品。 今回はその中からリール・ロッド・ワームを、開発段階から関わってきた私が、独自の視点で解説していこうと思います。
岐阜県中津川市川上の市有施設「夕森渓谷キャンプ場」は30日、今季の営業をスタートさせた。キャンプ場近くのマス釣り場には家族連れらが訪れている。  キャンプ場は地元の川上まちづくり推進協議会が指定管理を担う。協議会は川上川沿いにある国際マス釣り場も運営している。豊かな森林資源がある夕森渓谷の魅力を発信し、地元の活性化を図ろうと取り組みを推進している。  29日は竜神神社で夕森山の山開きを行い、夕森渓谷の安全を願った。今季の営業は10月29日まで。桂川一二会長は「四季折々の自然と触れ合うことができる。コロナ禍の中だが、安心して来てほしい」と話している。
ゴールデンウィークに、バーベキューや登山を楽しむ予定の人も多いはず。そんな人たちにもうってつけの便利グッズがあります。その名も「アコーディオンチェア」! “アコーディオン”のように伸び縮みさせることで高さを調整できる折りたたみイス。今年2月に発売され、およそ2ヶ月で、想定を上回る600個以上を販売! 在庫残りわずかの大ヒット商品になっています。 ■まるで楽器の”アコーディオン”! 伸縮自在の斬新チェア  アコーディオンチェアは、たたんだ状態だと、見た目は小さめのロボット掃除機といったところ。引き延ばすと、和楽器の鼓を大きくしたような形に変身。上下の丸い面2面が、イスの上部と下部になります。高さ6.5~45センチの間で、計11段階の調整が可能。大人から子どもまで幅広く使えます。テーブルの高さやシチュエーションも選ばず、あらゆる場面で活躍すること間違いなし!?  使い方は簡単! まず、たたんだ状態でイス上部のロックを解除し、上部と下部の穴に手をいれます。両端を引っ張って好きな高さまで伸ばし、留具をしっかりはめ込み、イス上部のロックをかけて完成。楽器のアコーディオンを演奏するかのようにして、イスを組み立てられます。 ■超コンパクト! あらゆるシーンで大活躍  収納時のサイズは直径25センチ×厚さ6.5センチと、ハンドバック並にコンパクト。重さはおよそ1キロで、小学2年生の子どもでも持ち運べるほどの軽さとのこと。イス本体に取っ手と肩掛けベルトが付いており、簡単に持ち運ぶことができます。ポケットもあって、スマホなどちょっとした小物を入れることも可能。キャンプやバーベキュー、釣り、登山、野外フェスなどアウトドアシーンでの活用はもちろん、自宅での急な来客用、オフィスの予備イスとしても人気が高まっているそう! ■「子供でも簡単に組み立てられる!」ファミリーから支持  ファミリー層からの支持が最も多いのだとか。「子どもでも簡単に組み立てられる」と高評価! また、子どもからも「組み立てるのが楽しい」「見た目がオモチャみたい」と大好評とのこと。1台あれば家族だれでも座れる、というのも人気理由の一つになっているそう。 ■”映えるデザイン” 若者からも人気  商品のカラーは「オレンジ✕カラフル」と「カーキ✕ブラック」の2種類。特に「オレンジ✕カラフル」は、ポップな色合いと斬新なイスの形が目を引き、若者から「インスタ映えする」との声が! シックな「カーキ✕ブラック」も、屋外でも汚れが気になりにくいとして好まれているよう。  便利で見た目も大好評の「アコーディオンチェア」は2,480円(税込)。公式通販サイトなどで購入できます。これからのシーズン、お出かけに役立ててみてはいかがでしょうか。
霞ヶ浦水系を知り尽くした強者ばかりが集結する『SDGマリンカスミプロチーム』のメンバー6人が、バスボートのシーズナル必釣パターン&必携ルアーを詳細にレポート。忠実に実践できれば『サイズも! 数も!! 』の大釣りだって夢じゃない!! 今回は齋藤寛之さん。水温15℃オーバーのアシ・ウッドカバー周辺ジグ撃ちパターンを解説します。 水温が15℃を超えたらアシ・ウッドカバー周辺をジグ撃ち 利根川と霞ヶ浦水系は地理的にはとても近い位置にありますが、両フィールドともに広大ということに加えて水門で隔てられているということもあり、両方とも釣りをするというアングラーはほとんどいないと思います。僕も霞ヶ浦水系に関してはほぼビギナーに近く、今年~来年はうまくバスを追えない日々が続くと思いますが、利根川での経験を活かしてチャレンジしようと思っています。 そんなカスミビギナーが考える春バスの動向ですが、4月も初旬を過ぎれば水温が15℃を超してバスはシャローに差してきて、アシやウッドカバーにタイトに着き始めることが予想されます。僕ならO.S.Pジグ ゼロワンをテンポ良く撃つ釣りで、強気に探っていこうと考えています。 マッディシャローで広大なエリアが続くという意味では利根川も霞ヶ浦も共通点があるので、似たような釣りが展開できると期待しています。 使用タックル おすすめルアー:O.S.Pジグ ゼロワン7g&ドライブクロー3in(O.S.P) ロッド:6ft7in MH プロトベイトロッド リール:タトゥーラSV TW103XHL(DAIWA) ライン:フロロカーボン16lb 使用ボート:チャージャー198エリート

TAG